【乳酸菌青汁】人気おすすめランキング1位は?健康的なダイエット効果が口コミで評判!

【乳酸菌青汁】人気おすすめランキング1位は?健康的なダイエット効果が口コミで評判!
\目指せ-10kg! 1杯わずか17kcalで栄養満点/

おすすめの青汁「もぎたて生スムージー」を試す※1日66円(税込)でOK
※@コスメ・クチコミランキング1位獲得

野菜不足を補うために多くの人が飲んでいる青汁。

青汁が愛される理由は、手軽に野菜不足を補えるところにあります。

青汁は「まずい」というイメージを持つ人が多いかもしれません。

ですが、現在では、大人や子どもでも美味しく飲みやすいように工夫がされている青汁も作られています。

美味しく飲めて、健康を維持できる青汁はもはや最高の食品と言っても過言ではありません。

本記事では、乳酸菌が配合された青汁の選び方、おすすめの商品をご紹介します。

乳酸菌青汁
おすすめランキング1位は
>> こちら <<

手軽に野菜不足を解消できる乳酸菌青汁♪

健康維持に野菜は欠かせませんが、普段の食事だけで1日の必要量である350gを摂取するのは意外と大変です。

しかし、厚生労働省による2019年(令和1年)の「国民健康・栄養調査」では、日本全体での野菜摂取量平均は280.5gと目標摂取量の350gを満たしておらず、約70g野菜摂取が足りていません。

出典:令和元年「国民健康・栄養調査」の結果-厚生労働省

そんな日本人の野菜不足を救ってくれるのが乳酸菌青汁です。

野菜から摂取できる栄養分に加えて、乳酸菌まで一緒に摂ることができてしまう。

青汁のイメージは昔から「まずい」「青臭い」「でも健康にはいい」といったイメージがあるのではないでしょうか。

今の青汁は、昔と比べてだいぶ飲みやすいです。

乳酸菌が入ることで青汁独特の苦さや、青臭さが消え、スッキリ飲めるところも一つの特徴ですね。

もくじに戻る▲

市販の乳酸菌青汁の選び方

ここでは、乳酸菌青汁の選び方のポイントをご紹介します。

現在、さまざまなタイプの青汁が存在します。

そうなってくると「どんなものを選べばいいんだろう?」と迷っちゃいますよね。

そこで、おすすめの選び方をそれぞれご紹介します。

選び方のポイント1:価格の安さで選ぶ

まず大前提として、継続できる安い価格であることが重要になってきます。

なんといっても、青汁は毎日飲み続けるものです。

いくら健康のためとはいえ、高くつきすぎるのは困りますよね。

今では値段が安くても、良い成分が入っている青汁はたくさんあります。

毎日継続できる値段の青汁を選んで、日常に取り入れてくださいね。

選び方のポイント2:乳酸菌の配合量で選ぶ

乳酸菌青汁なので、やはり気にして欲しいのは乳酸菌がどれくらい入っているか?というところでしょう。

1日で摂取する目安の乳酸菌量は、約100億個程度と言われているので、目安までに選ぶ時には注意してみてみましょう。

乳酸菌もしっかり入っていて、値段も高くない。

コストパフォーマンスに優れた商品を探してみてくださいね。

乳酸菌の場合でも一日約百億個程度の摂取が必要なようです。

出典:独立行政法人 国立健康・栄養研究所

選び方のポイント3:飲みやすさ・味で選ぶ

選び方のポイント3つ目は、飲みやすさ・味で選ぶことです。

いくら健康に良いと言っても、美味しくなければ毎日飲むことは難しくなってきます。

よって、できるだけ自分が無理なく続けられるものを選びましょう。

選び方のポイント4:飲み方で選ぶ

継続して飲み続けるために、どんな飲み方が自分に合っているか考えることも重要です。

飲むタイミングや環境は人それぞれなので、青汁のタイプによっては飲みたい時に飲めないこともありますよね。

ライフスタイルを考えながら、どんな飲み方なら続けられそうか、考えてみましょう。

毎日飲むなら高コスパな「粉末タイプ」

毎日飲むことを考えるなら値段が安く、コスパが高い「粉末タイプ」を選ぶといいですね。

粉末タイプであればどこのメーカーも一杯100円を超えるものはなかなか出てきません。

100円以下であれば1ヶ月毎日飲んだとしても3,000円は行かないのでコストパフォーマンスがいいです。

「毎日飲むし、できれば値段は安く抑えたい」そんな人は「粉末タイプ」がかなり魅力的ですね。

手間いらずでどこでも飲める「紙パック」

紙パックの液体タイプなら、そのまま飲むだけなので、とても手軽に乳酸菌入り青汁が飲めます。

近くのスーパーなどでも売っていますし、「思い立った時に買える」が魅力として大きいのかなと感じます。

「紙パックタイプ」であれば飲みきれない、ということはほとんどなさそうなのでサクッと飲めちゃうのも嬉しいポイントですね。

「青汁ってどんな味かな?」「青汁持ち歩くの忘れちゃった!」といった時にはこの「紙パックタイプ」を選ぶと便利だと思います。

ひとくちで飲める「タブレットタイプ」や「サプリ」

ひとくちで飲めるタブレットやサプリメントも、続けて飲みやすいかもしれません。

青汁の味やニオイが苦手な人には、一気に水で流し込めるのはいいですね。

手間がかからないという点で忙しい人には、おすすめのタイプです。

価格は、粉末タイプより少し高くなりますね。

選び方のポイント5:安全性で選ぶ

やはり口に入れるものなので、「安全性」も気になりますよね。

健康を手にするために飲むのなので、安全性も選ぶポイントとして置いておきたいです。

まずはここだけでも抑えたい!というものをご紹介していくので選ぶときの参考までにみてみてください。

まずは国産野菜を使用しているかチェック!

安全性ということを一番に考えると、まず国産野菜を使っているのかを確認しましょう。

国内生産であればどこで作った野菜なのかイメージもつきやすいですし、産地がわかることで安心感もあります。

国産野菜は無農薬栽培している農家さんも多いので、その点も安心です。

日本国内で生産された野菜であれば、鮮度の面も安心できますよね。

合成甘味料や着色料不使用の「無添加青汁」は身体に優しい

青汁を選ぶ際には、「無添加青汁」にこだわりたいですね。

自然由来の甘さや保存料・着色料の使っていない無添加青汁なら、長期的に飲み続けられるでしょう。

せっかく身体のために摂る青汁ですから、余計な添加物の入っている青汁は選ばないようにしてくださいね。

お子さんも安心!農薬不使用の「有機栽培(オーガニック)」

野菜栽培で農薬を使わない「有機栽培(オーガニック)」の野菜を使った青汁もあります。

農薬を使わずに作られた野菜を「有機栽培(オーガニック)野菜」と呼びます。

農薬を使っていないので、お子さんも安心して飲むことができます。

もくじに戻る▲

 

乳酸菌青汁の人気おすすめランキング[口コミで評判]

ここからは、乳酸菌青汁の人気ランキングをおすすめ順でご紹介します。

【ランキング1位】もぎたて生スムージー

18億個の乳酸菌・328種類以上の酵素エキス配合でダイエットにピッタリ

もぎたて生スムージーとは、18億個の乳酸菌と、328種類以上の野菜・果物・穀物から抽出した酵素エキスが入ったスムージーです。

さらに、コラーゲン・10種の果実・11種のビタミンなど、美容成分がたっぷり入っています。

さらに、水を含むと膨らむプランタゴオバタも配合。

一杯でもかなりの満足感があり、一食たったの17kcalなのでダイエットに最適です。

もぎたて生スムージーを今すぐ試す

  • 色々な栄養素が摂れるから置き換えダイエットにもピッタリ
  • 美容成分も豊富
  • 甘酸っぱいベリー味で美味しく飲める
  • メール便で配送・15~90日の間で配送サイクルが選べる、途中変更もOK
商品名 もぎたて生スムージー
価格 <定期コース>
・初回価格:2,178円
・2回目以降:4,378円
※送料無料、すべて税込
定価 6,490円
※送料220円、すべて税込
内容量 1袋180g 約30日分(1食6g目安)
有効成分 ビタミン、鉄分、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、グルコマンナンサイリウム、食物繊維、プランタゴオバタ、コラーゲン、乳酸菌、10種の赤い実、328種類の植物発酵エキス
配合成分 ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、パパイヤエキス、ビルベリーエキス、食塩、グルコマンナン、植物発酵エキス(オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・くるみ・ごま・大豆・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)、エルダーベリー果汁末、カシスエキス、カルシウム(天然水由来)、クランベリー果汁末、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、ストロベリー果汁末、プランタゴオバタ末、マキベリー果汁末、ラズベリー果汁末、リンゴンベリーエキス、りんご果汁末、ローズヒップ末、殺菌乳酸菌末/増粘多糖類、酸味料、セルロース、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンC、クエン酸鉄ナトリウム、ビタミンE、香料、ナイアシン、スピルリナ色素、ベニコウジ色素、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB2、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12
特典 ・初回は66%オフ
・2回目以降は32%オフ
・送料と手数料は無料

もぎたて生スムージー
を今すぐ試す

【ランキング2位】サントリー極の青汁

サントリーが研究を重ねて誕生した【最高品質の青汁】
美味しく、お茶気分で健康に!

極みの青汁とは、大手飲料メーカーであるサントリーが飲みやすさにこだわって作った青汁です。

これまで3億杯を突破し、顧客満足度はなんと97%!

野菜の「質」にとことんこだわり、厳選した国産素材(大麦若葉や明日葉)を使用しています。

「明日葉」は手つかずの自然が残る「屋久島」で採れた生命力あふれる素材、「大麦若葉」は熊本県阿蘇などで栽培されている、畑の地力で育ったたくましい素材を使用しています。

ポリフェノールの一種である「ケルセチンプラス」が野菜の栄養素を効果的に吸収するため、他社の青汁と比べて実感力の違いを体感するはず。

この2つのこだわりによって、健康維持パワーを高める青汁が誕生したのです。

青汁の味と匂いを苦手とする人でも美味しく飲めるように、何度も味のテイスティングを行って製造されているので、飲みやすくなっています。

1包あたり100円未満(税込)と、毎日続けやすい価格なのも嬉しいポイントです。

サントリー極の青汁を今すぐ試す

商品名 サントリー 極の青汁
価格 <定期コース>
・1箱30包(約10~30日分):3,499円
・1箱90包(約30~90日分):8,748円
※送料無料、すべて税込
定価 <通常サイズ>
・1箱30包(約10~30日分)3,888円
<お得用サイズ>
・1箱90包(約30~90日分)9,720円
※送料無料、すべて税込
内容量 1箱30包(約10~30日分)/ 1箱90包(約30~90日分)
原材料/配合成分 大麦若葉末(国内製造)、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶/酵素処理ルチン
特典 ・公式サイトから申し込んだ場合、商品10%増量+送料無料+青汁シェーカープレゼント
・定期コースなら送料無料
・「極みの青汁」以外の商品も10%オフ
・購入回数制限なし
・お届け日の変更、調整が可能

サントリー極の青汁
を今すぐ試す

【ランキング3位】やわた本青汁

本格的な青汁に、乳酸菌をプラス

やわた本青汁とは、国産の大麦若葉に加え、乳酸菌やビタミンCが配合された青汁です。

一杯あたり150億個の乳酸菌が入っており、1日に必要な乳酸菌の量を一杯で補うことができます。

さらに、「全額返金保証付き」なので、初めて青汁を試してみる人にもおすすめです。

国産の大麦若葉を使用しており、大麦若葉を作っている生産者さんの顔がホームページに載っている安心感もあります。

クセもなく、スッキリとした味わいが特徴です。

150億個の乳酸菌が、毎日のスッキリ生活を手助けしてくれますよ。

やわた本青汁を今すぐ試す

  • 国産の大麦若葉を使用
  • 乳酸菌やビタミンCも摂れる
  • 全額返金保証つき
商品名 やわた本青汁
価格 <定期コース>
・毎月1箱:1,944円
・3ヶ月に3箱:5,540円 ※1箱あたり1,874円
※送料330円、すべて税込
定価 2,160円
※送料330円、すべて税込
内容量 30袋入り
有効成分 大麦若葉、1袋3g中に乳酸菌150億個、1杯で30mgのビタミンC
配合成分 たんぱく質、脂質、炭水化物(糖質・食物繊維)、ナトリウム
特典 ・毎月1箱で約14%オフ
・3ヶ月に3箱で約10%オフ

やわた本青汁
を今すぐ試す

【ランキング4位】まんぷく美人青汁

1包あたり約5億個の乳酸菌!
さらにプラセンタとコラーゲンを配合したダイエットにピッタリの美容青汁

まんぷく美人青汁とは、プラセンタとコラーゲンの美容成分に加え、胃の中で膨らむこんにゃくマンナンが入ったダイエットに最適な青汁です。

一杯たったの6.95kcalですが、こんにゃくマンナンがお腹の中で128倍にも膨れ、空腹感を満たしてくれます。

さらに乳酸菌や酵素、こんにゃくの食物繊維の働きで便通をサポートしてくれます。

脂肪燃焼作用のあるL-カルニチン配合により、ダイエットも手助けしてくれます。

ダイエット時に不足しがちな栄養素は7種類のスーパーフルーツがサポートしてくれるので、「今回でダイエットを最後にするんだ」という人の強い味方と言えるでしょう。

初回は実質無料ということもあり、まずはお試しから効果を実感していくのもおすすめです。

90日間の全額返金保証付きなので、安心して初めてみましょう。

まんぷく美人青汁を今すぐ試す

  • フルーツ入りで飲みやすい
  • プラセンタとコラーゲンの美容成分を配合
  • 7種類のスーパーフルーツで栄養素もバッチリ
商品名 まんぷく美人青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:実質無料
・2回目以降:4,378円
※送料は初回693円、2回目以降は無料
※すべて税込
定価 6,578円(税込)
送料693円(税込)
内容量 1箱30包入り(1包3g)
有効成分 112種類の酵素、1包あたり約5億個の乳酸菌、こんにゃくマンナン、大麦若葉、L-カルニチン、7種類のスーパーフルーツ(マキベリー・抹茶・モリンガ・ゴジベリー・ヘンププロテイン・クロレラ・ココナッツオイル)、2種の美容成分(コラーゲン・プラセンタ)
配合成分 乾燥おからパウダー、グルコマンナン、クロレラ原末、大麦若葉末、難消化性デキストリン、酵母エキス、野草発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、甜菜糖、ヨモギ、その他)、ヘンププロテイン、ココナッツオイル、穀物醗酵エキス、コラーゲンペプチド、乾燥酵母粉末、L-カルニチンフマル酸塩、緑茶、豚プラセンタエキス、クコの実末、マキベリー果汁パウダー(マキベリー果汁、デキストリン、粉末モミガラ)、鉄含有酵母、モリンガ粉末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、ソルビトール、増粘多糖類、香料、クエン酸、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、抽出ビタミンE、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に大豆、豚、やまいも、りんご、乳、小麦、ゼラチンを含む)
特典 ・30日分が実質無料
・2回目以降も33%オフ&送料無料
・90日間全額返金保証つき

まんぷく美人青汁
を今すぐ試す

【ランキング5位】大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁

ヨーグルト約20個分の乳酸菌が入った青汁

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁とは、大麦若葉ベースに乳酸菌を加えた青汁です。

一杯あたり200億個もの乳酸菌を配合、ヨーグルトに置き換えると20杯分を一杯で摂ることができます。

さらに、ビフィズス菌も3種類を配合。

「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」を2:1の黄金比率で配合しており、腸内環境改善をサポートしてくれます。

また、大麦若葉も丸ごと使用しており、貧血気味の人には鉄分を効果的に補えます。

野菜不足や栄養バランスが気になる人だけでなく、便秘気味や貧血に悩む人にもおすすめです。

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁を今すぐ試す

  • 農薬不使用の九州産の大麦若葉を使用
  • 乳酸菌とビオフェルミン製薬のビフィズス菌を配合
  • 製薬会社として長年の研究と開発を行っているのでメーカーの信頼感もある
商品名 大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:1,078円
・2回目以降:3,564円
※送料無料、すべて税込
定価 3,960円(税込)
送料300円※1回の注文価格が5,000円(税込)未満の場合は送料は330円(税込)、1回の注文価格が5,000円(税込)以上の場合は送料無料
内容量 1箱(3g×30袋)
有効成分 九州産大麦若葉、水溶性と不溶性の食物繊維、3種の乳酸菌、ビオフェルミン製薬のビフィズス菌、キャベツ発酵エキス
配合成分 大麦若葉(九州産)、ポリデキストロース、難消化性デキストリン、還元麦芽糖、抹茶、植物性乳酸菌末(殺菌)、ゴボウ末、キダチアロエ末、ゴマ末、キャベツ発酵エキス、ビフィズス菌末(ビオフェルミン製薬製 14%、乳酸菌末・ビフィズス菌末に占める割合)/増粘多糖類
特典 ・初回73%オフ、2回目以降10%オフ
・シェイカー付き
・全国どこでも送料無料
・定期コース契約中は定期お届け商品以外も10%オフ
・継続回数の縛りなし&いつでも休止OK

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁
を今すぐ試す

ランキング6位以降を見る

【ランキング6位】桑の葉新芽青汁

無農薬栽培した桑の新芽のみを使用した青汁

桑の葉新芽青汁とは、一杯で250億個の乳酸菌と無農薬栽培した桑の葉を配合した青汁です。

一般的な青汁は、大麦若葉やケールをメインで使られています。

ですが、桑の葉新芽青汁は名前の通り、桑の葉で作られた青汁なんです。

桑の葉には「デオキシリノジリマイシン」という特有の成分が含まれており、まだ桑の葉からしか発見されていない成分です。

又、一杯あたり250億個の乳酸菌が配合されていることにより、便通の改善をサポートしてくれます。

桑の葉新芽青汁を今すぐ試す

  • 無農薬栽培した桑の葉を使用
  • 砂糖や甘味料不使用
  • 乳酸菌、ラクトフェリン、オリゴ糖、食物繊維を配合
商品名 桑の葉新芽青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:2,805円
・2回目以降:2,805円

<キャンペーン価格>
・初回価格:1,514円
・2回目以降:3,630円

※送料無料、すべて税込

定価 9,900円
※送料無料、すべて税込
内容量 2.5g×30包入り
有効成分 DNJ(デオキシノジリマイシン)、植物性乳酸菌(k-1)、ラクトフェリン、ミルクオリゴ糖、難消化性デキストリン(食物繊維)
配合成分 難消化性デキストリン、熊本県産桑粉末、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、植物性乳酸菌末(殺菌)、ラクトフェリン(乳由来)
特典 ・毎回20%オフ
・熊本県産古代米「こめざんまい」3食分をプレゼント
・6ヶ月以上の継続で夏と冬の2回プレゼント
・カード払いOK

桑の葉新芽青汁
を今すぐ試す

【ランキング7位】大正製薬トクホの乳酸菌青汁(キトサン)

素材を搾らずにまるごと粉砕した青汁

大正製薬トクホの大麦若葉青汁(キトサン)とは、大麦若葉ベースに悪玉コレステロールを低下させるキトサンを配合した青汁です。

消費者庁許可から、特定保健用食品(トクホ)に認定されています。

コレステロールの吸収を抑え、コレステロールが気になる人の食生活改善に向けて作られており、「最近コレステロールが気になる…」という人におすすめです。

注目成分のキトサンは、コレステロールを抑える働きを持っている食物繊維の一種です。

そんなキトサンを手軽に、美味しく摂取できてしまいます。

「有機JAS」認定を取得した農薬不使用の大麦若葉を使用しており、安全面も信頼できます。

大正製薬トクホの大麦若葉青汁(キトサン)を今すぐ試す

  • キトサンを配合した青汁
  • 農薬不使用で有機JAS認定
  • トクホだから有効性や安全性が期待できる
商品名 大正製薬トクホの大麦若葉青汁(キトサン)
価格 <定期コース>
・初回価格:1,078円
・2回目以降:3,762円
※送料無料、すべて税込
定価 4,180円(税込)
※送料330円(税込)※

1回の注文金額が5,000円(税込)未満の場合は送料330円(税込)、1回の注文金額が5,000円(税込)以上の場合は送料無料

内容量 1箱90g(3g×30袋)
有効成分 大麦若葉、キトサン
配合成分 大麦若葉末(九州産)、還元麦芽糖(国内製造)、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類
特典 ・初回74%オフ、2回目以降10%オフ
・最大20%オフクーポン
・継続回数の縛りなし
・全国どこでも送料無料
・定期コース契約中は該当商品以外も10%オフ

大正製薬トクホの大麦若葉青汁(キトサン)
を今すぐ試す

【ランキング8位】黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

抹茶風味のジュレで青汁が苦手な人にもおすすめ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレとは、クマイザサ粉末をたっぷり配合したジュレタイプの青汁です。

「今までの青汁はちょっと飲みにくかった」と感じる人にこそ、おすすめです。

「クマザサ粉末」による圧倒的食物繊維と「約40種類の発酵エキス」「お米由来の乳酸菌」はあなたの菌活をサポートしてくれます。

イソマルトオリゴ糖により自然な排出を手助けし、善玉菌をサポートしてくれます。

新感覚の青汁で快適生活と綺麗を手助けしてくれますよ。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを今すぐ試す

  • 北海道産のクマイザサの粉末を配合
  • 小分けされているので持ち運びに便利
  • 上品な甘さの抹茶味でおやつ感覚で食べられる
商品名 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
価格 <定期コース>
・初回価格:2,160円
・2回目以降:3,888円
※送料無料、すべて税込
定価 4,320円
※送料無料、税込
内容量 1箱450g(15g×30包)
有効成分 クマイザサ粉末、植物発酵エキス(明日葉やケールほか約40種の植物原料)、寒天、お米由来の乳酸菌ラクトバチルス ガゼイ(100億個)、イソマルトオリゴ糖、ヒアルロン酸、黒糖、ココナッツシュガー
配合成分 難消化性デキストリン、殺菌植物性乳酸菌末、pH調整剤、香料、乳化剤、グレープフルーツ種子抽出物
特典 ・初回限定50%オフ、2回目以降は10%オフ
・いつでも解約可能

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
を今すぐ試す

【ランキング9位】ケールdeキレイ

フレーバーごとに得られる効果が異なる青汁

ケールdeキレイとは、目的別に4つのフレーバーがある、ケールをメインに配合した青汁です。

1箱に4種類のフレーバーが入っておりそれぞれ目的別に分けられます。

  • Wの善玉菌とWの果物ファイバー配合の「菌活」
  • 大豆タンパク質・アーモンドミルク配合の「筋活」
  • 3種の生姜と2種のめぐり成分配合の「温活」
  • コラーゲン・エラスチン・レモン配合の「美活」

それぞれの目的ごとに味も変わり飽きない工夫がなされていますよね。

乳酸菌と食物繊維の力で腸を元気にし、筋肉をつけることで基礎代謝が上がります。

冷え気味の体には内側から温める生姜の力を、お肌の悩みにはコラーゲン。

女性特有の悩みをとことん追求した青汁がケールdeキレイなんです。

1種類の味だけでは飽きてしまう人、いろんな方面から綺麗を追求したい人にはおすすめの青汁ですね。

ケールdeキレイを今すぐ試す

  • 4つのフレーバー全てにケールを配合
  • フレーバーごとに成分や期待できる効果が異なる
  • 美味しさにもこだわっている
商品名 ケールdeキレイ
価格 <定期コース>
・初回価格:1,890円
・2回目以降:3,402円
※送料無料、すべて税込
定価 3,780円
※送料無料、すべて税込
内容量 4種類が入ったスペシャルアソート1袋30本入り(90g、3g×30本)1日の目安量1本
するりんフルーツ8本、美ボディきなこ7本、ぬくぽかジンジャー7本、うるつやレモン8本
有効成分 するりんフルーツ:ケール、Wの善玉菌10億個(乳酸菌80億個・ビフィズス菌20億個)、アップルとピーチの果物ファイバー
美ボディきなこ:ケール、大豆たんぱく、アーモンドミルク、ビタミンD
ぬくぽかジンジャー:ケール、3種の生姜(ブラックジンジャー・金時生姜・黄金生姜)、2種のめぐり成分(サンザシ・ヒハツ)、はちみつ、りんご
うるつやレモン:ケール、コラーゲン、エラスチン、レモン、ローズヒップ、グレープフルーツ
配合成分 するりんフルーツ:マルチトール、デキストリン、香料、甘味料(ステビア)
美ボディきなこ:グルコマンナン/増粘多糖類、甘味料(ステビア)
ぬくぽかジンジャー:デキストリン、マルチトール、酸味料、甘味料(ステビア)、シクロデキストリン
うるつやレモン:マルチトール、アセロラ果汁末、カツオエラスチンペプチド/酸味料、香料、甘味料(ステビア)
特典 ・初回50%オフ、2回目以降10%オフ
・全国どこでも送料無料
・配送日の変更や休止OK

ケールdeキレイ
を今すぐ試す

【ランキング10位】こどもフルーツ青汁

子供から大人まで家族で飲める青汁

こどもフルーツ青汁とは、野菜を中心とした40種の植物発酵成分や乳酸菌といった豊富な栄養素を含む、子供向けに作られた青汁です。

保存料・着色添加物や人工甘味料も不使用のため、お子さんでも安心して飲むことができます。

やはりこどもの口に入るものは、自分が食べるもの以上に安全面は心配ですよね。

また栄養価の高い国産の大麦若葉と40種類の発酵成分配合により、野菜不足のお悩みを解消してくれます。

さらに一杯で140億個の乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖のトリプルサポートで毎日のスッキリを届けてくれます。

「子供が野菜を食べてくれない」「食べ物の好き嫌いが多いから栄養不足が心配」そんな頑張るパパママにはおすすめしたい青汁です。

一杯たったの50mlなので、お子さんでも飲み切れるサイズなのも嬉しいですよね。

こどもフルーツ青汁を今すぐ試す

  • 大麦若葉、フルーツパウダー、乳酸菌やビフィズス菌などを配合
  • ミックスジュースのような味わいで飲みやすい
  • 安全性にもこだわっており家族用にもおすすめ
商品名 こどもフルーツ青汁
価格 <2箱セット>
初回:6,797円(税込)1箱あたり約3,398円
2回目以降:7,797円(税込)1箱あたり約3,898円

<お買い得セット(6箱+1箱プレゼント)>
初回:22,392円(税込)1箱あたり約3,198円
2回目以降:23,392円(税込)1箱あたり約3,341円

<ファミリーセット(9箱+2箱プレゼント)>
初回:34,089円(税込)1箱あたり約3,099円
2回目以降:35,089円(税込)1箱あたり約3,189円

※全コース送料無料、購入は2箱セットから

定価 2箱で8,208円(税込)1箱あたり4,104円
※送料810円(税込)
内容量 120g(4g×30本)
有効成分 九州産大麦若葉、βカロテン、ビタミンK、40種の植物発酵成分(トマト・ほうれん草・バナナ・リンゴほか)、カルシウム、2種の植物性乳酸菌140億個、ビフィズス菌6億8千万個、ビタミンD、オリゴ糖
配合成分 サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(リンゴ濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、パナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、香料、酸味料、乳化剤
特典 ・初回割1,000円OFF、毎回5%オフ&送料無料
・初回に限り返品返金保証あり
・専用シェイカープレゼント
・すくトレBOOKプレゼント
・お買い得セットは1箱プレゼント、ファミリーセットは2箱プレゼント

こどもフルーツ青汁
を今すぐ試す

ランキング11位以降を見る

【ランキング11位】青汁プロテインダイエット(MAM)

青汁とプロテインが美味しく摂取できる

青汁プロテインダイエットとは、ボディメイクをサポートしてくれるプロテイン入りの青汁です。

タンパク質は筋肉を作る役割があり、筋力量の維持がダイエットの成功には不可欠です。

さらに乳酸菌も含まれているため、腸内環境を良くしてくれる期待ができますね。

タンパク質も摂取しつつ、腸内環境の改善もサポートしてくれるので、理想ボディに向けて大きい期待が持てそうです!

青汁プロテインダイエットを今すぐ試す

  • 青汁とプロテインを黄金比で配合
  • プロテインは動物性と植物性両方のタンパク質を配合
  • 美容成分も入っているからキレイに痩せられる
商品名 青汁プロテインダイエット
価格 <定期コース>
・初回価格:550円
・2回目以降:5,478円
※送料は初回無料、2回目以降は送料別(※金額の記載はなし)
※すべて税込
定価 9,878円
※送料は初回無料、2回目以降は送料別(※金額の記載はなし)
※すべて税込
内容量 1箱30包
有効成分 ホエイ、ソイ、大麦若葉、乳酸菌、酵母、環状オリゴ糖、モリンガ、アサイー、ゴジベリー、カムカム、カカオ、コラーゲン、ヒアルロン酸
配合成分 マルトデキストリン、トレハロース、脱脂粉乳、微粒酸化ケイ素、グルコマンナン、金時生姜末、ルイボス茶エキス、L-カルニチンフマル酸塩、チオクト酸、黒胡椒抽出物、香辛料抽出物
特典 ・初回限定94%オフ、2回目以降45%オフ
・初回は全国送料どこでも無料
・配送サイクル変更OK

青汁プロテインダイエット
を今すぐ試す

【ランキング12位】美力青汁

栄養も安全も納得!ママにもベイビーにも優しい青汁!

美力青汁とは、ママと赤ちゃんに必要な栄養素が補給できる青汁です。

無添加で、カフェインゼロなので、妊婦さんや小さいお子さんでも安心して飲むことができます。

九州産大麦若葉で国内製造しているので、安全面もしっかりと管理されています。

乳酸菌とオリゴ糖の力により、毎日のスッキリをサポートしてくれます。

不足しがちな鉄分であったり、あまり意識して摂取することが難しい葉酸までもカバーをしてくれています。

妊娠中や授乳中は、自分のお子さんのこともあるので、食べ物には神経を使っている人も多いです。

ですが、美力青汁なら、安心して不足しがちな栄養をカバーできますよ。

美力青汁を今すぐ試す

  • 無添加&ノンカフェイン
  • 妊娠中や授乳中に欠かせない葉酸が摂れる
  • ジュースに混ぜれば小さな子供も美味しく飲める
商品名 美力青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:3,459円
・2回目以降:3,459円
※送料無料、すべて税込
定価 4,395円
※送料無料、すべて税込
内容量 1箱(4g×30包)
有効成分 九州産大麦若葉、葉酸、4種のオリゴ糖(ガラクト・乳糖果糖・フラクト・イソマルト)、乳酸菌、酵母鉄
配合成分 大麦若葉粉末、難消化剤デキストリン、オリゴ糖、ブトウ糖、デキストリン、フィッシュコラーゲン、抹茶粉末、セラミド含有米抽出物、ローヤルゼリー粉末、ビタミンC、香料、ヒアルロン酸
特典 ・定期コースは15%オフ&送料無料
・シェイカー付き
・ポイントプレゼント

美力青汁
を今すぐ試す

【ランキング13位】めっちゃ乳酸菌 フルーツ青汁

ゴクゴクで超スッキリ!腸の健康を管理してくれるフルーツ青汁!

めっちゃ乳酸菌 フルーツ青汁とは、乳酸菌が1箱に7,500億個も入った青汁です。

3種類の乳酸菌と酵素の力でスッキリを強力に手助けしてくれます。

8種類とビタミンと9種類のミネラルにより、不足しがちな栄養素もしっかりとカバーしてくれるので、野菜不足や偏って食生活の人にはおすすめです。

フルーツ青汁ということもあるので、青汁が苦手という人にも飲みやすい工夫がされています。

めっちゃ乳酸菌 フルーツ青汁を今すぐ試す

商品名 めっちゃ乳酸菌 フルーツ青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:748円(税込)
・2回目以降:4,378円(税込)
※送料は宅配便770円、ゆうパケット330円(いずれも税込)
定価 6,578円(税込)
※送料は宅配便770円、ゆうパケット330円(いずれも税込)
内容量 1箱90g(3g×30包)
有効成分 有胞子性乳酸菌、モリンガ、酵素、8種類のビタミン、9種類のミネラル
配合成分 還元麦芽糖水飴(国内製造)、デキストリン、クマザサ粉末、緑茶粉末、果汁パウダー、明日葉粉末、モリンガ粉末、蓮葉粉末、野草発酵エキス粉末(オリゴ糖、糖蜜、てんさい糖、ヨモギ、その他)、乳酸菌(殺菌)末、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、乳糖、植物発酵物、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、パイナップル果実抽出物、有胞子性乳酸菌、乳酸菌混合末(ビフィズス菌5種、乳酸菌17種)/香料、甘味料(ネオテーム、シクロデキストリン、(一部に乳成分・小麦・やまいも・りんご・オレンジ・バナナを含む)

めっちゃ乳酸菌 フルーツ青汁
を今すぐ試す

【ランキング14位】ぎゅぎゅっと活菜青汁乳酸菌プラス

手間要らず!野菜不足に1日一杯!栄養不足もこれで安心!

ぎゅぎゅっと活菜青汁乳酸菌プラスとは、1日に必要な野菜の栄養素を1袋に詰め込んだ、野菜不足の人にはぴったりの青汁です。

野菜の必要量を満たすには毎日結構な量を食べなければいけませんし、料理次第では栄養素も壊してしまったりと結構めんどくさいですよね。

栄養不足による肌トラブルや便秘に心当たりのある人は、試してみると良いかもしれません。

ぎゅぎゅっと活菜青汁乳酸菌プラスを今すぐ試す

商品名 ぎゅぎゅっと活菜青汁乳酸菌プラス
価格 <定期コース>
・初回価格:980円(税込)
・2回目以降:3,065円(税込)
※送料無料
定価 3,564円(税込)
※送料無料
内容量 1箱124g(4g×30包)
有効成分 ヘルパー乳酸菌、20種類の厳選野菜、九州産「桑葉」
特典 ・マルチビタミン3ヶ月分付き
・初回68%割引、2回目以降14%割引

ぎゅぎゅっと活菜青汁乳酸菌プラス
を今すぐ試す

【ランキング15位】えがおの青汁乳酸菌

日本人にぴったりの乳酸菌青汁

えがおの青汁乳酸菌とは、135億個の乳酸菌をプラスした青汁です。

昔から日本人に馴染みの深い植物性乳酸菌を使用することで、日本人にあった腸内環境改善の効果が期待できます。

「普通の乳酸菌青汁ではイマイチ効果が実感できなかった」という人は、「乳酸菌」の種類がカラダに合っておらず、効果が実感できなかった可能性も。

欧米の食事を摂るようになっても、消化器官は日本人なので、やはり体にあったものを選ぶのがポイントになります。

乳酸菌だけでなく、3種類の食物繊維も配合しているため、W効果で腸内環境改善が期待できますよね。

青汁の不味いイメージを変える抹茶風味のスッキリとした味わいは、「2020モンドセレクション金賞」を受賞しています。

えがおの青汁乳酸菌を今すぐ試す

商品名 えがおの青汁乳酸菌
価格 <定期コース>
・初回価格:980円(税込)
・2回目以降:1,545円(税込)
※送料は購入金額が3,000以上は無料、3,000円未満は「ポスト便100円」「宅配便400円」
定価 1,717円(税込)
※送料は購入金額が3,000以上は無料、3,000円未満は「ポスト便100円」「宅配便400円」
内容量 15袋入り
有効成分 135億個の乳酸菌、3種類の根菜類

えがおの青汁乳酸菌
を今すぐ試す

【ランキング16位】山本漢方・乳酸菌大麦若葉

容量は3種類、まずは小さいサイズでお試しできる青汁

山本漢方・乳酸菌大麦若葉とは、乳酸菌とオリゴ糖を追加した青汁です。

乳酸菌とオリゴ糖により、腸内環境を良くしてスッキリした毎日が期待できます。

不足しがちな野菜の栄養とヨーグルト5個分の乳酸菌と食物繊維のトリプルバランスで、日頃のお悩みをサポート。

まずはお試しで小さいサイズを購入してみれば、どんな青汁なのかを確かめることができます。

ちなみに薬局だとたまに試飲も行っているので、機会があったら味見してみましょう。

山本漢方・乳酸菌大麦若葉を今すぐ試す

商品名 山本漢方・乳酸菌大麦若葉
定価 ・899円(4g×15包)
・1,336円(4g×30包)
・3,977円(4g×60包)
※いずれも税込
※店頭販売のため、送料はナシ
内容量 4g×15包
4g×30包
4g×60包
有効成分 乳酸菌YKー1
特徴 ドラッグストアなど店頭での購入が可能

山本漢方・乳酸菌大麦若葉
を今すぐ試す

【ランキング17位】ザ・ケール+乳酸菌|キューサイ

シンプル構成で余計なものが入っていない乳酸菌青汁

ザ・ケール+乳酸菌とは、ケールの栄養と乳酸菌両方摂れる青汁です。

ケールの栄養分である食物繊維と乳酸菌の働きで、より一層毎日のスッキリに近づくことが期待できます。

青地も乳酸菌飲料のようなすっきりした味わいなので、青汁の苦味が苦手な人にはおすすめです。

オリゴ糖とビオチンを配合し、乳酸菌が生きて腸に届くため、腸内環境の改善をサポートしてくれます。

ただし、粉末タイプで個包装ではないので、持ち歩けないのは少しデメリットです。

ザ・ケール+乳酸菌を今すぐ試す

商品名 ザ・ケール+乳酸菌|キューサイ
定価 6,480円(税込)
※送料無料
内容量 420g入り(一日約14g 付属スプーン二杯分)
有効成分 オリゴ糖、ビオチン
特典 ・毎回10%割引
・送料無料
・その他対象商品10%割引
・お届け日と数量の変更可能

ザ・ケール+乳酸菌を今すぐ試す
を今すぐ試す

【ランキング18位】アサヒ 乳酸菌+酵素 大麦若葉

酵素と乳酸菌のW効果!思い立った時にすぐ買える便利な青汁!

アサヒ 乳酸菌+酵素 大麦若葉とは、飲料メーカーのアサヒが作っている活性酵素と乳酸菌を摂れる青汁です。

活性酵素は生の野菜から摂ることがほとんどですが、生野菜をたくさん食べるって大変ですよね。

アサヒ 乳酸菌+酵素 大麦若葉は、そんな活性酸素に、乳酸菌もプラスされている青汁です。

アサヒ 乳酸菌+酵素 大麦若葉を今すぐ試す

商品名 アサヒ 乳酸菌+酵素 大麦若葉
定価 ・1,620円(3g×30包)
・2,808円(3g×60包)
※すべて税込/送料無料
内容量 1箱60g(3g×30包)
1箱90g(3g×60包)
有効成分 乳酸菌EC-12、フラクトオリゴ糖

アサヒ 乳酸菌+酵素 大麦若葉を今すぐ試す
を今すぐ試す

【ランキング19位】ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁

国産で安心、乳酸菌と酵素を手軽に摂れる青汁

ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁とは、国産大麦若葉の青汁に2つの乳酸菌と酵素をプラスした青汁です。

普通の青汁に加えて、乳酸菌と酵素も摂取できるため、一石二鳥。

国産の大麦若葉使用なので、安心して飲むことができます。

ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁を今すぐ試す

商品名 ユーワ 乳酸菌+酵素国産大麦若葉青汁
定価 1,058円(税込)
※送料は購入価格が3,000円以上で無料、3,000円未満で550円(税込)
内容量 1箱90g(3g×30包)
有効成分 2種類の乳酸菌、植物発酵エキス

ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁を今すぐ試す
を今すぐ試す

【ランキング20位】伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプ

緑茶味で飲みやすい、大手メーカーからが作った青汁

伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプとは、普段スーパーやコンビニで売っている液体タイプの伊藤園 毎日1杯の青汁の、粉末タイプです。

生きた乳酸菌と酵素の働きで腸内環境改善を助ける働きが期待でき、糖類不使用なので糖質制限中の人にもおすすめです。

不足しがちな食物繊維を補いつつ、緑茶味でごくごく飲めてしまうので、手軽に栄養不足を解消できます。

伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプを今すぐ試す

商品名 伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプ
定価 1,522円(税込)
※送料無料
内容量 1箱20包(5.6g×20包)
有効成分 スピルリナ、米麹粉末

伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプを今すぐ試す
を今すぐ試す

1番おすすめの乳酸菌青汁は?

青汁選びで迷ったら、ランキング1位のもぎたて生スムージーがおすすめです。

スムージーには、328種類以上の酵素エキス・コラーゲン・18億個の乳酸菌・プランタゴオバタ・10種の果実・11種のビタミンと栄養素がたっぷり!

甘酸っぱいベリー味で飲みやすく、無理なく続けられるのもポイントです。

健康と美容を手軽に両立したい人にピッタリですよ。

初回66%オフの格安価格で購入できるので、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか?

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁の主な配合成分・効果

ここでは、乳酸菌入り青汁に含まれる代表的な成分についてご紹介します。

乳酸菌以外にも、青汁にはさまざまな成分が含まれています。

青汁に入っている原材料や配合成分・効果を知れば、健康にいいと言われる理由も納得して選べますよね。

乳酸菌|お腹の調子が整う、免疫機能を調節

乳酸菌青汁の配合成分である「乳酸菌」は、おなかの調子を整え、免疫機能を調節してくれます。

乳酸菌にも種類があり、例えばブルガリクス菌・サーモフィラス菌は便通の改善や腸内環境を整える効果があるんです。

ビフィズス菌であれば貧血の人にも効果はありますし、血圧が高めの人にも効果がある乳酸菌も存在します。

その他にも、ダイエット効果や美肌効果など乳酸菌の働きはすごいんです。

「乳酸菌はいい成分だからとにかくたくさん摂ればいいんだ!」と思ってしまいがちですが、摂りすぎも下痢になったりとよくありません。

1日あたり大体百億個の乳酸菌を摂取することが奨められているので摂りすぎず、適量にしておきましょう。

腸内環境を整えることは免疫機能を高めることにも大きく関係あります。

腸には約7割の免疫細胞が集中しており、カラダの中で1番の免疫器官と言えるでしょう。

腸内の善玉菌を増やしてあげることで腸内環境を保ち、免疫機能も上がっていくという仕組みです。

そう言われると最近乳酸菌飲料でカラダの免疫機能を高める商品が多い気がしませんか?

今の現代人はストレスや偏った食生活などで腸内環境があまり良くないと言われています。

カラダを内側から整えてあげる乳酸菌。

乳酸菌には腸内環境を改善し免疫機能を高めてくれる効果が期待できちゃうんですよ。

大麦若葉|野菜不足に最適!栄養価の高い「大麦若葉」

青汁の材料といえば「大麦若葉」ですが、普段生活していると口にする機会は多くないですよね。

そんな「大麦若葉」の効果ですがミネラルを豊富に含んでいる食材なんです。

「大麦若葉」に含まれる「カリウム」というミネラルはカラダの中の塩分を排出してくれる働きがあります。

鉄分も豊富に含んでいるので貧血気味の人にもおすすめの食材と言えるでしょう。

その他にもカルシウムやカロテンも入っておりカルシウムを多く含むことで知られているほうれん草の約7倍、カロテンはニンジンの約6倍となっています。

こうした理由から野菜不足で摂取しきれない栄養を補ってくれるんです。

「大麦若葉」の食物繊維には食後の血糖値の大幅な上昇を抑えてくれる働きがあったりと、普段の食生活の中にも積極的に取り入れたいものなんです。

しかし「大麦若葉」をサラダで食べようとすると苦味が強かったりとそのまま食べるのは難しいので「青汁」で摂取するのが1番かもしれません。

ケール|カルシウムやビタミン、食物繊維が豊富で体を内側から綺麗にする

「大麦若葉」に並び青汁の主成分の「ケール」

カルシウムやビタミン、食物繊維を豊富に含むことからカラダを内側からきれいにする食材として知られています。

その中でも特に注目したい成分はケールに含まれる「メラトニン」という成分なんです。

メラトニンの主な働きは入眠作用と言われており、人間のカラダでも夕方になるにつれ自然分泌されると言われています。

メラトニンの値が高くなればなるほど脳が「もう寝る時間なんだな」という認識をし、スムーズに寝れて睡眠の質が高まるという仕組みです。

現代人の5人に1人は何かしらの睡眠障害に悩まされていると言われています。

ストレスなど理由は様々ですがケールに含まれる「メラトニン」はそれらの症状を改善し睡眠の質を高めてくれる効果が期待できます。

ケールに含まれる「メラトニン」が今の現代に生きる人におすすめした注目の成分であると言えるでしょう。

よもぎ|腸内環境を良くする日本古来の青汁原料

よもぎと言われると完全に「よもぎもち」をイメージしますが、よもぎは日本で古来から「薬草」として使われていたんです。

薬という点では止血度めとして使われてきましたが、デトックス効果やダイエット効果が期待できます。

腹痛や下痢止め、また体を温めてくれる働きもあるので「薬草」として使われたのも納得ですよね。

その他にもよもぎの効果として

  • 貧血の予防、改善
  • ビタミンKによる血液サラサラ効果
  • 食物繊維による便秘改善
  • 利尿作用によるデトックス効果

などなどものすごい効果が期待されます。

ちなみにですがよもぎの春らしい香りにはリラックス効果もあり、アロマとしても使われるみたいです。

腸内環境も改善し、日本古来の薬草と言われるのがこの「よもぎ」なんです。

明日葉|20種類以上のビタミンやミネラルが含まれた栄養満点の食材

明日葉とはセリ科の植物で「明日にはまた芽を出す」という生命力の強さがこの名前の特徴になっています。

そんな明日葉の栄養はズバリ「種類豊富なビタミンとミネラル」が含まれていることと言えるでしょう。

血を増やしてくれる効果があるビタミンB2をはじめとし、ビタミンCや鉄分など20種類以上のビタミンミネラルを含んでいる栄養満点な食材です。

「食物繊維」「リン」「ナトリウム」「ビタミンB2」は栄養に優れていると言われる野菜と比べてもトップに位置するなど栄養バランスにとても優れた食材です。

その他の栄養素も総合的なバランスで見るとトップクラスに位置するのがこの「明日葉」という食材なんです。

βカロテン

大麦若葉にもケールにも含まれている「βカロテン」ですが実はこれ色素の一種なんです。

小腸で吸収される過程でビタミンAに変換され、体内で吸収されるんですよ。

「βカロテン」と聞くとニンジンのイメージが強いと思いますが実際野菜のほとんどにβカロテンは存在するのです。

では変換されたビタミンAの働きにはどういうものがあるかというと

  • 免疫力向上
  • ガン予防
  • 視力の維持
  • 皮膚や粘膜の強化
  • エイジングケア

こういった働きがあります。

「大麦若葉」や「ケール」にはこのβカロテンが豊富に含まれているため、健康の維持向上に大きい期待ができます。

ビタミンB群・その他ビタミン

ビタミンは大きいくくりとして「カラダの機能を助ける」といった働きがあります。

その中でもビタミンB群は「疲労回復作用」に特化しているビタミンなんです。

「なんだか最近疲れが取れないな」という人はもしかしたらビタミンB群が不足しているのが原因かもしれませんね。

ビタミンB群は単体で摂取してもあまり効果が期待できず、その他ビタミンと一緒に摂取してあげることで初めて効果を発揮します。

その他にもビタミンB群には皮膚粘膜の維持などにも大きく関わっているなど日常的に取り入れたい栄養素の一つなんです。

その他ビタミンもなくてはならない存在と言えるでしょう。

  • ビタミンC=体内でのコラーゲンを作り、皮膚や粘膜の維持
  • ビタミンA=視力や、皮膚粘膜の維持に不可欠
  • ビタミンD=カルシウムの吸収を促し、骨の形成を助ける働き
  • ビタミンE=抗酸化作用による体内の細胞の維持をしてくれる

などその他ビタミンにもこんな働きがあります。

どこかカラダの調子が悪い時はビタミン不足の可能性も否定できません。

ビタミンはカラダにとってなくてはならない栄養素ということが分かりますね。

食物繊維

食物繊維は大きく分けて「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類に分けられます。

  • 不溶性食物繊維・・・腸内の便をからめとる働きがある
  • 水溶性食物繊維・・・水分を含み便を柔らかくして排出を助ける

食物繊維はイメージの通り便通をよくする働きや、食事後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれるんです。

また中性脂肪の値が気になる人は食物繊維を意識して摂取することが大事です。

現代人の食生活は脂質が多いものや、野菜を食べないことが原因で食物繊維が不足しがちになってきます。

腸内環境が悪化すると便秘になるだけでなく、カラダ全体の代謝も落ちてしまうため痩せにくい体質になるとも言えます。

食物繊維も意識して摂取しようとすると野菜をたくさん食べたりと難しいので、青汁で手軽に摂取できれば嬉しいですよね。

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁の効果的な飲み方・飲むタイミング

ここでは、乳酸菌入り青汁の効果的な飲み方、おすすめのタイミングをご紹介します。

せっかく乳酸菌青汁を飲むのであれば、効果を最大限にしたいですよね。

乳酸菌青汁を飲むのにおすすめのタイミングは?

おすすめのタイミングは、「空腹時」「起床後」「寝る前」の3つです。

特に「空腹時」は、最も栄養の吸収率がアップするタイミングです。

空腹時や起床後は、カラダの中に栄養が行き渡っていない「乾燥したスポンジ」のような状態です。

よって、そこに栄養を入れてあげれば、乾燥したスポンジは一気に水を吸い込むので、吸収率はよくなります。

寝る前は、寝ている間に栄養を行き渡らせ、朝の体調をよくするといった意味があります。

寝ている間は栄養摂取ができませんので、栄養を貯金しておくというイメージが合うかもしれません。

そのため、栄養を余すことなく吸収させたい人は「空腹時」「起床後」、朝起きた時の体調を万全にしたい人は「寝る前」のタイミングがいいですね。

毎日習慣的に飲むことが大切

先ほどおすすめの飲むタイミングについて記載しましたが、大前提として「毎日習慣的に飲むことが大切」です。

タイミングを気にしすぎて継続できないなんてことになったら意味がありません。

「うっかり飲むタイミング過ぎちゃった」と、がっかりして飲まないということがないようにしてください。

健康は日々の積み重ねなので、継続することが一番重要なんです。

飲みやすいように工夫する

「どうしても青汁は味が苦手…」と思っている人は、飲みやすいように工夫してみましょう。

甘さが苦手な人は水やお湯で割るのがおすすめ

甘すぎるのが苦手でスッキリ飲みたいという人は、粉末タイプを使って水やお湯で割るのがおすすめです。

水やお湯で割ることで、スッキリとした味になることはもちろんですが、無駄なカロリー摂取も抑えることができます。

粉末タイプであれば水ですぐ溶けますし、ダイエット目的の人はカロリーも気になってしまうところです。

甘すぎるのが苦手な人やカロリーを少しでも抑えたいという人は水やお湯で割れば間違いないでしょう。

牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜて飲むと効果的

水で割ることに飽きてしまった人や、満足感があまり得られない人は牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜて飲むというのはどうでしょうか。

青汁だけではどうしても足りない栄養素も出てきてしまいます。

牛乳であればカルシウム、豆乳なら美肌効果のイソフラボン、ヨーグルトは違う種類の乳酸菌と足りない栄養を追加してくれます。

また水で割るだけだとスッキリしすぎてあまり満足感が得られないという人は、牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜてあげることで満足感も得ることができます。

味わいもマイルドになったりと、飽きずに飲み続けることができるので一度試して見るのもいいですね。

緑茶や麦茶、野菜ジュースなどに混ぜても効果的

緑茶や麦茶、野菜ジュースに混ぜるのもおすすめで、足りない栄養素を補ってくれます。

緑茶であれば脂肪燃焼効果があると言われる「カテキン」麦茶は「ミネラル」野菜ジュースは「ビタミン」などさらにプラスで栄養摂取ができますね。

夏になると緑茶や麦茶は冷蔵庫であまりがちになってしまいませんか?

そんな時は青汁に混ぜて飲んで消費したり、嬉しいことに夏バテ防止にも役立ちます。

青汁はアレンジ次第で飽きなくしたり栄養を追加することが簡単な飲み物です。

自分なりにオリジナル青汁を作っちゃうのも面白いかもしれませんね。

誰でも飲みやすい「フルーツ味」

青汁が苦手という人のほとんどが、主成分である「大麦若葉・ケール」の青臭さでしょう。

しかしフルーツ味になっていれば、青臭さなんて気にせずごくごく飲めちゃいますよね。

「バナナパウダー」や「マンゴーパウダー」などフルーツとしての味が濃いものが多く取り入れられており、味わいはカルピスみたいな味がするようです。

青臭さも特に感じられず、後味はお茶のようなスッキリした感じだけなのでフルーツ味であれば誰でも飲みやすいと言えそうです。

エネルギー補給にもなる「はちみつ入り」

青汁で健康栄養素を手軽に摂取できるのにエネルギーまで補給できちゃうのが、「はちみつ入り」の青汁です。

エネルギー補給になるので、朝ごはん時間がなくて食べられないといった人。

ダイエット中で、置き換えダイエットのような食事にしたい人などに向いてます。

もちろんはちみつの甘味もあるので、普通の青汁より飲みやすいことは間違いないでしょう。

野菜の栄養とエネルギーも補給できる一石二鳥な青汁が、この「はちみつ入り」青汁なんです。

苦いのがどうしても苦手な方は「子ども用の青汁」を選ぶのも手!

「苦いのダメだけどなんとか青汁飲めないかな…?」という人は、子供用の青汁を選んでみてはどうでしょうか。

「子供でも飲める青汁」ということなのでまず苦味は最低限に抑えられているでしょう。

そして子供の成長に欠かせない「カルシウム」であったり腸内環境を改善してくれる「オリゴ糖」も入っています。

そして何より自然由来の素材を使って作られていること、副作用の心配が出そうなものは入れないなどの徹底されています。

ちなみになんですがアレルギーなどにも対応している商品がほとんどです。

苦いのがダメだけどそれでも青汁を飲んでみたいという人は一度「子供用の青汁」を選んでみるのもいいんじゃないでしょうか。

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁のアレンジ方法

ここでは、乳酸菌青汁の美味しいアレンジ方法をご紹介します。

乳酸菌青汁のアレンジ方法を知っていれば飽きずに続けることができますよね。

さらにアレンジをすることで味を変えるだけでなく、栄養を追加することも手軽に実現できます。

どれもひと手間加えるだけなので誰できますし、何より簡単なので明日から実践できちゃいますよ!

豆乳や牛乳で割る、ヨーグルトに混ぜても◎

まず豆乳や牛乳で割ったり、ヨーグルトに混ぜることで青臭さなどが消えマイルドな味になります。

青汁自体の味は苦手だけど飲みたいという人や、水で割るのは物足りないという人は豆乳や牛乳、ヨーグルトはどうでしょうか。

どれもタンパク質を含んでいるので手軽にタンパク質を取ることも可能です。

特に味が大きく崩れたりクセもないので誰でも飲みやすいと言えそうです。

飲みやすさUP!オレンジやいちごなどでスムージー

青汁をもっとフレッシュに飲みたいという人は、オレンジやイチゴなどのフルーツでスムージーにするのもいいですね。

フルーツの甘みがあるので飲みやすさは格段にアップします。

さらにフルーツでビタミンを追加できたり、毎日忙しい朝のご飯がわりにもいいですね。

冷凍のベリーミックスなどをうまく活用すればフルーツを切る手間なども省けるので手軽にできそうです。

色々なフルーツを試して自分だけのオリジナル青汁スムージーを作っちゃいましょう!

混ぜるだけ!手軽にアレンジできる「ジュースアレンジ」

手軽さをとことん追求していくと、ジュースに混ぜるというのが究極の選択になりそうです。

本当に混ぜるだけなので10秒もあれば作れてしまいます。

ジュースに混ぜることで味を変えられることはもちろんですが、栄養を足してあげることも簡単にできます。

グレープ味や、ベリー味、マンゴー味など野菜ジュースで選んでも種類はたくさんです。

2種類のジュースを組み合わせてみても面白いかもしれません。

スピードと栄養面を極限まで求めた形がこの「ジュースアレンジ」になりそうです。

まろやかでイソフラボンも採れる「きな粉アレンジ」

味をまろやかに変え、女性に嬉しい「イソフラボン」も摂れる「きな粉アレンジ」はいかがでしょうか。

きなこは大豆をすりつぶしたものなので「タンパク質」と「良質な脂質」が豊富となり、不足しがちな栄養を簡単に摂取できます。

そのため女性だけでなく男性にもぜひ試してもらいたいアレンジ方法なんです。

注意点とすると「粉末タイプ」の青汁だと何かで割らなくてはいけなくなってしまいます。

なぜかというと両方粉末だからです。

きなこアレンジを試す場合は「液体タイプ」または「ゼリータイプ」なら混ぜるだけで良さそうです。

「粉末タイプ」でも水で割ったところにきな粉を入れてマイルドにしてあげることも可能なので、ちょい足しみたいな感覚だといいかもしれませんね。

苦みを抑え腹持ちも良く!「ヨーグルトアレンジ」

朝ごはんに青汁を取り入れたい人には、「ヨーグルトアレンジ」がいいかもしれません。

ヨーグルトは腸でゆっくりと吸収されるため腹持ちがいいとされています。

そして青汁独特の苦味を抑えてくれるので混ぜてあげることで青汁の味を誤魔化すことができます。

ヨーグルトも無糖のものだけでなく、砂糖が入っているものやフルーツやはちみつが入っていたりとバリエーションは豊富なので安心です。

普段から朝ごはんにヨーグルトを食べているよ、という人は混ぜるだけでできるこの「ヨーグルトアレンジ」がライフスタイルに合うと思います。

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁のタイプ別の特徴

ここでは、乳酸菌青汁は4つのタイプに分けられます。

ひと口に乳酸菌青汁といっても、いろいろなタイプが存在し、タイプごと魅力があります。

手軽さを求めたり、飲みやすさで選んだりと意外と青汁にも種類はあるんです。

乳酸菌青汁のタイプ別の特徴を知ったら「こんなのもあるんだ!」と選ぶのが楽しみになっちゃいますよ。

粉末タイプは、持ち歩きにも便利で手軽さが魅力

粉末タイプの1番の特徴は、「持ち歩きに便利で手軽」というところでしょう。

基本的に個包装で売られていることが多いので、必要な分だけ持ち歩くことができます。

「場所を選ばず好きなタイミングで青汁が飲める」というのはとても大きい魅力ですよね。

また一杯あたりの値段も100円以下の商品がほとんどなので「手軽に続けられる」ということも言えるでしょう。

毎日続けられる値段じゃないと意味ないですもんね。

日々の生活の中に気軽に取り入れられるのがこの「粉末タイプ」の大きい魅力になります。

ゼリータイプは、凍らせたりおやつ感覚で食べられる

実は青汁にも「ゼリータイプ」が存在し、いろんな食べ方があるんです。

凍らせてシャーベットのようにするのもいいですし、何よりおやつ感覚で食べることができます。

「飲むだけだと少し飽きてきちゃうんだよな」という人にはとてもいいですよね。

もちろんお子さんのおやつにもゼリータイプなら食べられるのでおやつを考える手間も省けます。

いろいろな食べ方や飲むだけの青汁に飽きてしまったという人は一度ゼリータイプも試してみてはどうでしょうか

サプリメントは、青汁の味が苦手な方に最適

「もうどうしても青汁の味が苦手だけど栄養はしっかり摂りたいしな…」

そんな人には、「サプリメントタイプ」なら解決できちゃいます。

サプリメントタイプなら、錠剤を水で流し込むだけなのでもはや味はしないです。

それに水で飲むだけなので、余計な手間も時間も一切かかりません。

「サプリメントだとどうしても飲み忘れちゃうんだよな」という人は、飲むタイミングを事前に決めておけばOKです。

朝起きたタイミングや夜ご飯を食べたあとなど、とにかく忘れないタイミングであればいいと思います。

手間もなく、青汁の味が苦手だという人にはサプリメントタイプが最適だということが分かりますね。

パック/ジュースは甘味のある商品が多いので飲みやすい

コンビニやスーパーなどで売られているパックなどで売られているジュースは比較的飲みやすいものが多いでしょう。

青汁独特の青臭さが少なく、甘味があり、後味はスッキリとしている商品が多いからなんです。

ある程度の甘みがあれば青臭さも気にならずごくごく飲めちゃいますよね。

ほとんどの商品は甘みの後にスッキリとした抹茶のような後味が広がります。

パックであれば飲み切りができるサイズですし、ペットボトルは持ち運ぶのにも便利です。

コンビニやスーパーに寄ったときについでに買えてしまうのもちょっと嬉しいですよね。

自分が思い付いたタイミングで飲めるパックの青汁は甘みがある商品がほとんどのため、青汁初心者の人や青臭さが少し苦手だなという人も飲みやすいです。

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁は人気メーカーも販売|ファンケル・山本漢方・DHC・ヤクルト・キューサイなど

「青汁ってどこのメーカーが作っているの」ってちょっと気になりませんか?

実は誰もが一度は聞いたことがあるメーカーも青汁を作っているんです。

聞いたことがあるメーカーだとなんとなく安心しますし、他の商品も知っていればイメージも掴みやすいと思います。

人気メーカーで言うとファンケル・山本漢方・DHC・ヤクルト・キューサイなど一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。

全部紹介すると読んでて疲れると思うのでファンケルを少しご紹介していきたいと思いますね。

ファンケルという会社は横浜市に本社を置く化粧品や健康食品のメーカーなんです。

なので健康食品の青汁を作っているのも納得できますよね。

日本の会社ということもあり、安全性もありますし何かあってもすぐ問い合わせることができます。

代表的な商品でいうと青汁のほかに

  • 玄米
  • カロリミット
  • 薬局で見かける健康サプリメント

など、普段何気なく見かけている商品を製造しいるメーカーがファンケルなんです。

健康食品の他にも化粧品も扱っているので、美容にも特化しているメーカーであることが分かりますよね。

ファンケル青汁(1食分のケール青汁)を見る

ちなみにですが、その他の人気メーカーも青汁を作っており、サントリーやアサヒ、キューサイも青汁を作っています。

サントリー極の青汁を見る

各メーカーごとに青汁の特徴は変わってきますが、美容にも健康にもいいという青汁なので、いろんな企業が作っているのも納得できちゃいますよね。

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁の形状|冷凍・粉末・飲料タイプの違い

乳酸菌入り青汁は形状によって、3種類のタイプに分かれます。

青汁というと、粉末のイメージが強いと思います。

でも実は、大きく分けて3種類ほどタイプがあり、特徴ごとにいいところがあります。

今から紹介する3種類は、タイプごとに特徴が異なるので、自分のライフスタイルや好みに合わせて選んでもらえたらと思います。

1:粉末タイプ(顆粒タイプ)

粉末タイプの乳酸菌青汁は、水などの飲料に青汁の粉末を溶かして飲むタイプで、コスパが良いのが特徴です。

青汁の中で最もイメージの強い粉末タイプ(顆粒タイプ)の特徴は、どこにでも持ち運べる点にあります。

個包装となっていることがほとんどなので小分けにしてポーチの中に忍ばせることもできちゃうんです。

出張の時や外出の時、「ちょっと今日野菜足りていないかもな」と思ったらいつでも飲めちゃう手軽さが粉末タイプ(顆粒タイプ)の魅力になります。

しかし、粉末タイプだとシェイカーや何か溶かすものが必要になってきます。

コンビニなどで小さいサイズの水などが売っていますが、シェイカーを持ち歩くのはちょっと難易度が高いです。

「どこにでも持ち運べて手軽に飲める」という点から日常生活に取り入れたい人は粉末タイプ(顆粒タイプ)がおすすめと言えるでしょう。

2:冷凍タイプ

絞った新鮮な青汁を急速冷凍しパックしたものです。

1番の特徴は「冷凍タイプだから味わえるフレッシュさ」というところです。

一杯ごとに個包装されており、青汁の材料を絞った後すぐに冷凍することでフレッシュさがキープできます。

飲み方とすると自然解凍がフレッシュさを損なわない1番の飲み方になるのではないでしょうか。

フレッシュが裏目に出ると少し青臭さが気になるかと思いますので、根っからの青汁好きでない限りは少し購入をためらってしまいますね。

3:飲料タイプ

野菜の繊維をとり除き65℃以上で加熱処理し、缶や紙パックに入れた青汁です。

コンビニやスーパーなどで目にすることができる飲料タイプ。

特徴はズバリ「本当に手軽、飲むだけ」といったところでしょうか。

すでに店頭に並んでいる時点で青汁が完成しているので何かで溶かしたりシェイカーが必要ということはありません。

思いついたその時に店頭に並んでさえいれば青汁を飲むことができちゃうんです。

しかしながら持ち運ぶには少し不便なところもあります。

ペットボトルのように蓋ができるタイプならいいのですが紙パックなどですと飲み切る必要が出てきます。

小さいサイズのペットボトルで売っているのを何度かみたことがあるのでそれさえ選べば持ち運ぶのにも困りませんね。

もくじに戻る▲

乳酸菌青汁のよくある質問(Q&A)|意外と知らない疑問を解説

ここでは、青汁のよくある質問(Q&A)をご紹介します。

あなたの「そう言えば?」を解消し、より良い青汁ライフをお送りください!

Q1.青汁は何歳から飲めるの?

基本的には離乳食が終わった1歳以降から飲めます。

アレルギーの観点等まだ把握できていないうちは、あまり好ましくありません。

しかし、メーカーによってですが栄養成分により年齢制限が設けられていることもあるので、しっかりとチェックすることが大事です。

どうしても不安な場合は、メーカーごとのカスタマーセンターに問い合わせるなどしてメーカーの確実な回答をもらうのが一番安心です。

Q2.妊娠中に青汁は飲んでも平気?

妊娠中の場合は体調等も非常に変わりやすいので、無理のない範囲で飲むようにしましょう。

どうしても心配な場合は自分で判断するのではなく、1度主治医に相談して確実な情報を得てから飲めば間違いないです。

Q3.青汁にダイエット効果はあるの?

青汁に直接的なダイエット効果はありません。

カラダの調子が整い、代謝が上がることによって痩せやすくはなるかもしれませんが、基本は日々の食生活の見直しが大事です。

Q4.青汁は肌荒れを治す効果が期待できる?

青汁は医薬品ではないため、飲めば肌荒れが治るというものではないです。

あくまで補助的なものなので、直接肌荒れを直したい場合は医薬品を購入するのがいいでしょう。

Q5.青汁は中性脂肪を下げる効果が期待できる?

青汁だけを飲んでいれば、中性脂肪を下げることができるというわけではありません。

中性脂肪を減らす補助的な意味合いは期待できるかもしれませんが、日々の食生活の改善と運動習慣を見直すことが1番大事です。

Q6.青汁を飲めば野菜は食べなくてもいいの?

そんなことはありません。

青汁は日々の食事にプラスアルファといった捉え方をしてもらい、基本は3食の中に1日の摂取目安となっている野菜を摂ることが大事です。

Q7.青汁によく使われている大麦若葉とケール、明日葉の違いは何?

大麦若葉は「麦」ケールは「野菜」です。

栄養成分はどちらも豊富といったことが挙げられますが、共通のデメリットとして「独特の風味と苦味」があります。

明日葉は味だけでいうと大麦若葉とケールの真ん中ぐらいですが、栄養成分で言うと「食物繊維の含有量」がケールと比べて優れているのです。

もくじに戻る▲

まとめ

乳酸菌入り青汁を試してみて一番感じたのは、すごく気軽に飲めて、健康にも美容にも多くの効果を実感できる!ということ。

野菜が多く含まれるので、不足した栄養を補えます。

さらに、お通じの改善作用があるので、便秘解消やデトックス、ダイエット効果も期待できます。

「味が美味しくない」というのは過去の話で、今ではジュースのように美味しい青汁がどんどん出てきています。

ランキング1位の「もぎたて生スムージー」
今なら、公式サイトで初回66%割引キャンペーン中!

公式サイトなら、Amazonや楽天市場よりもずっと安く購入できます。

野菜だけでなく、美容成分も含まれているので、「ダイエット中も肌の調子がよかった!」と大好評!

気になっている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

乳酸菌入りの青汁の力を借りて、健康・美容・ダイエットを成功させましょう!

もくじに戻る▲

タイトルとURLをコピーしました