【桑の葉青汁】人気ランキング1位は?糖尿病おすすめ?健康効果が口コミで評判!

【桑の葉青汁】人気ランキング1位は?糖尿病おすすめ?健康効果が口コミで評判!
\おいしくて栄養満点/

おすすめの青汁「ドクターベジフル青汁」を試す※完全無添加で、余計なものが一切入っていない青汁
※管理栄養士が選ぶ話題のサプリメント青汁部門1位

野菜不足を補うために多くの人が飲んでいる青汁。

青汁が愛される理由は、手軽に野菜不足を補えるところにあります。

青汁は「まずい」というイメージを持つ人が多いと思います。

ですが、現在では、大人や子どもでも美味しく飲みやすいように工夫がされている青汁も作られています。

美味しく飲めて、健康を維持できる青汁はもはや最高の食品と言っても過言ではありません。

特に「桑の葉」には、糖尿病などの予防や高血圧の抑制、血中の脂質抑制や便秘改善などに効果的な成分が豊富に含まれています。

でも、いろんなメーカーから販売されているので、どうやって選べばいいのか迷ってしまいませんか?

そこでこの記事では、桑の葉が配合された青汁の選び方、おすすめの商品をご紹介します。

桑の葉が配合された青汁
おすすめランキング1位は
>> こちら <<

手軽に野菜不足を解消できる桑の葉青汁♪

健康維持に野菜は欠かせませんが、普段の食事だけで1日の必要量である350gを摂取するのは意外と大変です。

しかし、厚生労働省による2019年(令和1年)の「国民健康・栄養調査」では、日本全体での野菜摂取量平均は280.5gと目標摂取量の350gを満たしておらず、約70g野菜摂取が足りていません。

出典:令和元年「国民健康・栄養調査」の結果-厚生労働省

そんな日本人の野菜不足を救ってくれるのが青汁です。

桑の葉青汁の魅力

桑の葉には、糖尿病などの予防や高血圧の抑制、血中の脂質抑制や便秘改善などに効果的な成分がたくさん入っています。

桑の葉青汁の魅力は、桑の葉と何種類もの野菜の成分が一度に摂取できる点です。

注目したいのは、桑の葉だけにしかない成分DNJ(デキオシノジリマイシン)です。

このDNJ(デキオシノジリマイシン)には、他の野菜では取れない特別な成分。

したがって、青汁を選ぶなら桑の葉青汁がおすすめです。

桑の葉青汁は、水に溶かしたり、料理に入れたりとアレンジがしやすい

昔よく流れていた、俳優さんが青汁を飲んで「う~んまずい」と言うCMをご存じの方も多いと思います。

その印象もあってか、青汁=苦いとか、臭いという印象がありませんか?

ですが最近は、美味しくて飲みやすい桑の葉青汁がたくさん発売されています。

定番の粉末タイプは水にも溶けやすいので、牛乳や豆乳とシェイカーで混るのがごくごく飲める飲み方です。

その他にも、美味しい飲み方はいっぱいあります。

味噌汁やうどんのスープに入れたり、ホットケーキを作る時にホットケーキミックスに混ぜたりしてもいいですね。

ホームベーカリーでの手作りパン作りに、桑の葉青汁のパウダーを入れている人もいますよ。

まずは、そのまま飲んでみて、アレンジも色々と試してみてくださいね。

もくじに戻る▲

市販の桑の葉青汁の選び方

ここでは、桑の葉青汁の選び方のポイントを紹介します。

たくさんの種類の青汁の中から、自分に合った青汁を選ぶのは大変ですよね。

選ぶポイントはさまざまありますので、ぜひ参考にしてみてください!

選び方のポイント1:価格の安さで選ぶ

市販の桑の葉青汁を選ぶなら、価格の安さは重要です。

桑の葉青汁は、毎日飲み続ることが大事なので、長く続けられるように値段の安いものがおすすめです。

さまざまなメーカーが青汁を出しているため、青汁の価格帯は広いですが継続できる価格で探してみてください。

選び方のポイント2:桑の葉の配合量で選ぶ

桑の葉青汁を選ぶなら、桑の葉の配合量にも注目してみてください。

同じ桑の葉青汁でも、メーカーによって配合量に差があります。

桑の葉の効果を感じるためには、配合量の多い商品を選ぶのがおすすめです。

選び方のポイント3:飲みやすさ・味で選ぶ

継続して桑の葉青汁を飲み続けるためには、飲みやすい味を選ぶことが大切です。

好きな味でなければ、いくら効能があっても飲み続けるのが辛くなってしまいますよね。

粉末タイプならアレンジもできますが、はじめて桑の葉青汁を選ぶならその商品の味わいを確認するようにしましょう。

選び方のポイント4:飲み方で選ぶ

継続して飲み続けるために、どんな飲み方が自分に合っているか考えることも重要です。

飲むタイミングや環境は人それぞれなので、青汁のタイプによっては飲みたい時に飲めないこともありますよね。

ライフスタイルを考えながら、どんな飲み方なら続けられそうか、考えてみましょう。

毎日飲むなら高コスパな「粉末タイプ」

毎日継続して飲むなら、コスパの良いスティックの粉末タイプがおすすめ!

箱単位の購入が多いので、1本当たりの価格が約30円の商品もあります。

また、粉末タイプの青汁はさまざまなメーカーが出しているので、味や効果に満足できる青汁見つかる可能性も高いですよ。

粉末タイプの青汁は、水など飲み物等に溶かす必要があるので、家や会社で飲みたい人に合っていますね。

手間いらずでどこでも飲める「紙パック」

紙パックの液体タイプなら、そのまま飲むだけなのでとても手軽に桑の葉青汁が飲めます。

また、水筒もペットボトルも不要なので、持ち運んでどこでも飲めますね。

値段は高いですが、コンビニなどでの購入もできますよ。

ひとくちで飲める「タブレットタイプ」や「サプリ」

ひとくちで飲めるタブレットやサプリメントも、続けて飲みやすいかもしれません。

青汁の味やニオイが苦手な人には、一気に水で流し込めるのはいいですね。

手間がかからないという点で忙しい人には、おすすめのタイプです。

価格は、粉末タイプより少し高くなりますね。

選び方のポイント5:安全性で選ぶ

毎日身体に取り入れる青汁ですから、商品の安全性はかなり重要なポイントです。

原材料や含有成分の確認をしっかりとしましょう。

また、食物アレルギーのある人はそちらも必ずチェックしてください。

ここからは、成分表を確認する際に注意して欲しいポイントを解説します。

まずは国産野菜を使用しているかチェック!

まずは、国産野菜を使っているのかを確認しましょう。

工場が日本表記だとしても、青汁に使う野菜が中国産のものもあります。

国産の、徹底された品質管理のもとで育った野菜を使っている安全な青汁を選びたいですね。

配合された野菜の種類が多くなると、国産のみで作られている青汁は少なくなってきます。

青汁選びで野菜の種類にこだわりたい人は、特に注意してみてください。

合成甘味料や着色料不使用の「無添加青汁」は身体に優しい

青汁を選ぶ際には、「無添加青汁」にこだわりたいですね。

無添加とは、合成甘味料や着色料など身体によくない成分を使わず、自然の成分だけで作られているということです。

せっかく身体のために摂る青汁ですから、余計な添加物の入っている青汁は選ばないようにしてくださいね。

お子さんも安心!農薬不使用の「有機栽培(オーガニック)」

野菜栽培で農薬を使わない「有機栽培(オーガニック)」の野菜を使った青汁もあります。

「有機栽培(オーガニック)」の野菜は農薬を使わない分、野菜を作り上げるにもとても苦労がかかります。

時間と手間をかけて、農家さんが丁寧に育てた野菜ということです。

とことん安全にこだわる人なら、農林水産省の有機JASマークの付いた無添加青汁を探しましょう。

ただし、国産野菜・無添加・オーガニック以外の商品がダメというわけではありません。

どこまで安全にこだわるかはそれぞれなので、青汁選びの選択基準のひとつと思ってくださいね。

もくじに戻る▲

 

桑の葉青汁の人気おすすめランキング[口コミで評判]

さまざまなブランドから発売されている、注目の桑の葉青汁。

薬局で買うのもいいですが、最近は通販でも格安でおいしい青汁がたくさん揃っています。

特におすすめの桑の葉青汁を調査し、ランキング形式でまとめました。

【ランキング1位】ドクターベジフル青汁

21種類の九州産野菜の栄養素を一気に摂れる

ドクターベジフル青汁とは、21種類の九州産の野菜を使用し、美味しさにもこだわって作られた青汁です。

完全無添加で、余計なものが一切入っていない青汁は珍しいので、野菜不足を感じている人には特におすすめです。

国産野菜の使用だけでなく、じっくり手間をかけ、低温乾燥して加工されて作られているので、メーカーのこだわりを感じます。

苦みも少なく、後味もすっきりしていて飲みやすいのもポイントですね。

原材料を残留農薬検査(174項目)や放射能汚染検査で徹底的にチェックしているため、安心して飲むことができますよ。

ドクターベジフル青汁を今すぐ試す

  • 品質の高さと美味しさを両立
  • 野菜のプロが厳選した21種類の九州産野菜を使用
  • 完全無添加で安心
商品名 ドクターベジフル青汁
価格 <自動お届けコース>
・初回価格:2,948円
・2回目以降:3,465円

<75日ごと3箱お届けコース>
・初回価格:9,185円(1箱あたり約3,061円)
・2回目以降:9,355円(1箱あたり3,118円)

<6ヶ月ごと6箱セットお届けコース>
・初回価格:14,960円(1箱あたり約2,493円)
・2回目以降:17,930円(1箱あたり2,988円)

※送料無料、すべて税込

定価 3,850円
※送料880円、すべて税込
内容量 1箱3g×30包
有効成分 ルテイン、α-カロテン、β-カロテン、リコピン、アントシアニン、クロロゲン酸、サポニン、イソフラボン、ゼアキサンチン、スルフォラファン、システインスルホキシド、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄
配合成分 21種類の九州産の野菜(大麦若葉・トマト・キャベツ・にんじん・ごぼう・ピーマン・アスパラガス・小松菜・レタス・カボチャ・サツマイモ・紫芋・ケール・ほうれん草・桑の葉・サニーレタス・グリーンリーフ・チンゲン菜・春菊・パセリ・大葉)、きな粉、黒糖
特典 ・初回は最大60%オフ
・2回目以降も割引価格&送料無料
・サイクル変更と中止は電話1本でOK
・全額返金保証つき
・75日ごと3箱お届けコースと6ヶ月ごと6箱セットお届けコースはナチュレライフのごぼう茶プレゼント

ドクターベジフル青汁
を今すぐ試す

【ランキング2位】桑の葉新芽青汁

無農薬栽培にこだわった乳酸菌入り青汁

桑の葉新芽青汁は、阿蘇の麓で無農薬栽培で育てた熊本産桑の葉の、新芽だけを使用したこだわりの青汁です。

くわの新芽は、糖の吸収コントロールを助けるのに優れているので、食生活が不規則だったり糖尿病や中性脂肪が気になっている人におすすめです。

乳酸菌・ラクトファリン・オリゴ糖・食物繊維といった乳酸菌入りの青汁なので、善玉菌の発生を増やして腸内フローラを整える効果を期待できます。

便秘の改善によって腸内環境が整えることで、美容と健康にいい美腸習慣が作れますよ。

桑の葉新芽青汁を今すぐ試す

  • 無農薬栽培した桑の葉を使用
  • 砂糖や甘味料不使用
  • 乳酸菌、ラクトフェリン、オリゴ糖、食物繊維を配合
商品名 桑の葉新芽青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:2,805円
・2回目以降:2,805円

<キャンペーン価格>
・初回価格:1,514円
・2回目以降:3,630円

※送料無料、すべて税込

定価 9,900円
※送料無料、すべて税込
内容量 2.5g×30包入り
有効成分 DNJ(デオキシノジリマイシン)、植物性乳酸菌(k-1)、ラクトフェリン、ミルクオリゴ糖、難消化性デキストリン(食物繊維)
配合成分 難消化性デキストリン、熊本県産桑粉末、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、植物性乳酸菌末(殺菌)、ラクトフェリン(乳由来)
特典 ・毎回20%オフ
・熊本県産古代米「こめざんまい」3食分をプレゼント
・6ヶ月以上の継続で夏と冬の2回プレゼント
・カード払いOK

桑の葉新芽青汁
を今すぐ試す

【ランキング3位】糖煎坊

食生活が気になる人には糖煎坊がおすすめ

糖煎坊は、食生活での糖分の吸収が気になる人におすすめの桑の葉青汁です。

配合された食物繊維が糖の吸収を穏やかにしてくれるので、ご飯・甘い物・麺・パンなどの炭水化物が好きでやめられない人にぴったりのドリンク。

国産桑の葉が100%配合されているので、安心して飲めるのも嬉しいポイントですよ。

βカロテン・亜鉛・鉄分・ビタミンB1・ビタミンAなどの栄養成分もたっぷり!

スティックタイプなので、手軽に持ち運んで栄養補給ができますね。

糖煎坊を今すぐ試す

  • 栄養価が高く健康志向の人におすすめ
  • 冷たい水にも溶けやすい粉末で簡単に作れる
  • クセのない味で飲みやすい
商品名 糖煎坊
価格 <定期コース>
・1箱:960円

<定期コース(2箱)>
・2箱:1,900円 ※1箱あたり950円

<定期コース(3箱)>
・3箱:2,790円 ※1箱あたり930円

※送料680円、すべて税込

定価 4,500円
※送料680円、すべて税込
内容量 1箱30包1g×30包
有効成分 桑の葉
配合成分 桑の葉、澱粉
特典 ・3回目まで960円
・いつでも解約OK
・1人3箱まで注文可能&2箱は3%割引、3箱は7%オフ

糖煎坊
を今すぐ試す

【ランキング4位】ふるさと青汁

スーパーフードの力で美容と健康をサポート

ふるさと青汁とは、八丈島の明日葉を根っこまでまるごと凝縮して配合された青汁です。

根っこまでまるごと!というところが、明日葉特有の成分「カルコン」を最大に活かすための強い想いを感じますね。

さらに原産地にもこだわっていて、桑の葉は島根県・大麦若葉は熊本大分県産のものを使用しています。

この3種類の野菜には、食物繊維・ビタミン・ミネラルなど女性に嬉しい成分がたっぷり!

おいしくて飲みやすいので、美容と健康が気になる人や野菜嫌いの子供にもおすすめの青汁です。

ふるさと青汁を今すぐ試す

  • 八丈島産の明日葉を丸ごと使用
  • 1袋11kcalなのでダイエット中でも安心
  • アレンジ自在で飽きずに飲める
商品名 ふるさと青汁
価格 <定期コース>
・初回価格:3,762円
・2回目以降:3,762円

※送料660円、2箱以上同時購入で送料無料
※定期便は5,940円以上で送料無料
※すべて税込

定価 4,180円
※送料660円、すべて税込
内容量 1箱(3g×30包入り)※1日に1~3包目安なので1ヶ月分は2箱~3箱
有効成分 明日葉、桑の葉、大麦若葉
配合成分 あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末大麦若葉末
特典 ・定期便はいつでも休止&中止&変更が可能
・毎月/2ヶ月/3ヶ月コースから選べる
・定期便は税込5,940円以上で送料無料

ふるさと青汁
を今すぐ試す

【ランキング5位】きょうの青汁

お腹の脂肪が気になる人にうってつけの青汁

きょうの青汁とは、葛の花由来イソフラボンと桑の葉をはじめとした京野菜で作った粉末タイプの青汁です。

桑の花イソフラボンには、お腹の脂肪を減らすのを助ける働きがあります。

体脂肪や、皮下脂肪の気になる人にぴったりですね!

宇治抹茶と和三盆の甘さで京風であっさりした味わいは、とっても飲みやすく続けやすい。

モニター調査でも83%の人が飲み続けたいと、絶賛した桑の葉配合の青汁です。

きょうの青汁を今すぐ試す

  • 葛の花由来のイソフラボンがお腹の脂肪減少をサポート
  • 京野菜をたっぷり使用
  • 香川産の和三盆と京都産の宇治抹茶で味を調整
商品名 きょうの青汁
価格 <定期1箱コース>
・初回価格:1,677円
・2回目以降:3,019円
※送料660円、3箱コースは送料無料
※すべて税込
定価 3,355円
※送料660円、3箱コースは送料無料
※すべて税込
内容量 1箱(3g×30袋)
有効成分 葛の花由来イソフラボン、桑の葉、京ニンジン、聖護院かぶら
配合成分 大麦若葉末、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、葛の花抽出物、桑葉末、宇治抹茶、聖護院かぶら末、京にんじん末、和三盆糖
特典 ・初回は半額、2回目以降10%オフ
・3箱まで半額
・いつでも変更や休止OK

きょうの青汁
を今すぐ試す

ランキング6位以降を見る

【ランキング6位】フフスゥおいしい青汁

404種もの素材を配合したミラクルな青汁

フフスゥおいしい青汁は、桑の葉や大麦若葉など10種の国産野菜の他、404種もの素材がたっぷり入った青汁です。

さらに10種の国産野菜の他に256種類の植物発酵エキス、ハーブ117種、ダイエット成分や美容成分が配合されています。

その中でも注目の成分である「水素吸蔵サンゴ末」は、水素の力で体内の活性酸素を排除してくれる作用があります。

その他にも、ツバメの巣といった美肌へと導く美容成分のほか、メロングリソディンやレスベラトロールといった抗酸化力の高い成分も配合されているので、エイジングケアを意識する女性に支持されてます。

しかも、1杯あたりは11.51キロカロリーに糖質も2.6gととっても控えめです。

普段から健康と美容への意識が高い人に、ぴったりの青汁となっています。

フフスゥおいしい青汁を今すぐ試す

商品名 フフスゥおいしい青汁
価格 <定期コース>
2,068円
※税込/送料無料
定価 3,278円
※税込/送料無料
内容量 1箱(3g×30箱)
有効成分 カプサイシン、金時生姜、キトサン、ギムネマ、サラシア、フーディアゴードニー、ラクトフェリン、キャンドルブッシュ、馬プラセンタ、フカヒレコラーゲン、エラスチン、セラミド、大豆イソフラボン、ツバメの巣
配合成分 大麦若葉(島根県産)、ケール(大分県産)、桑の葉(島根県産)、明日葉(八丈島産)、ゴーヤ(沖縄県産)、緑茶(静岡県産)、抹茶(静岡県産)、モロヘイヤ(島根県産)、キダチアロエ(静岡県産)、クマザサ(北海道産)
特典 1回でもお届け期間の変更・休止・解約が可能、購入毎にポイント還元率UP!

フフスゥおいしい青汁
を今すぐ試す

【ランキング7位】プレミアム乳青

桑の葉と乳酸菌のパワーで、腸活におすすめの青汁

プレミアム乳青は、国産の桑の葉を特許製法で作った栄養満点の青汁です。

特許製法で作ることによって、桑の葉の栄養と鮮度を保った贅沢な成分をたっぷり抽出することが可能。

パパイン酵素と乳酸菌も配合されているので、栄養満点ですね。

生きて腸まで届く高生存乳酸菌を配合しているので、腸全体のお掃除をしてくれます。

甘さを控えた抹茶味は、ごくごく飲める美味しさです。

プレミアム乳青を今すぐ試す

商品名 プレミアム青汁 乳青
価格 <定期コース>
・初回価格:1,990円
・2回目以降:2,800円
※税込/送料無料
定価 3,780円
※税込/送料無料
内容量 1箱(5g×31包)
有効成分 桑の葉、パパイン酵素、乳酸菌、ビフィズス菌
配合成分 ビタミンB1、ビタミンC、ビオチン
特典 ・定期購入なら2回目以降も25%オフ
・送料、手数料無料
・いつでも休会OK

プレミアム乳青
を今すぐ試す

【ランキング8位】ナチュラルサイエンス・桑の葉フローラ青汁

産婦人科医の協力で薬剤師が研究して作った安心の青汁

ナチュラルサイエンスの桑の葉フローラ青汁は、厳しいJAS規格をクリアした有機栽培の鹿児島産の桑の葉を100%使った青汁です。

産婦人科医の協力で薬剤師が研究して作ったので、妊婦や赤ちゃんでも安心して飲めるように成分を配合。

野菜不足と栄養補給のために家族皆で飲める青汁は、珍しいですね。

もちろん、ノンカフェインで飲みやすく仕上げていますよ。

桑の葉フローラ青汁を今すぐ試す

商品名 ナチュラルサイエンス・桑の葉フローラ青汁
価格 <ラクラク定期コース>
3,280円(税込/送料無料)
定価 3,780円(税込/送料無料)
内容量 1箱(4g×30包)
有効成分 桑の葉、ベビーオリゴ、グアー豆、ラクトバチルスカゼイ菌
配合成分 桑葉粉末(鹿児島県産)、フラクトオリゴ糖、グアーガム酵素分解物、ケストース、植物性乳酸菌、デキストリン
特典 ・初回限定 専用シェイカー+14袋おためしスティック付き
・送料無料
・4回目以降からは個数変更可

桑の葉フローラ青汁
を今すぐ試す

【ランキング9位】桑の葉青汁・太田胃散

青汁初の有用性タンパク質入り

太田胃酸の桑の葉青汁は、丁寧に加工された国産の桑の葉を使用した青汁です。

有用性タンパク質であるMBPと高級抹茶が配合されているが特徴。

MBPは、子どもから大人まで身体を丈夫にしてくれる有用性タンパク質なので、積極的に取り入れたいですね。

商品名 桑の葉青汁・太田胃酸
定価 2g×15袋入 2,160円
2g×60袋入 6,480円
※税込
※送料は660円(税込)、8,000円以上で送料無料
内容量 30g(2g×15袋)/120g(2g×60袋)
有効成分 桑の葉、抹茶
配合成分 乳たんぱく質/グァーガム、デキストリン、ほうじ茶エキス

【ランキング10位】協和薬品 国産桑の葉青汁

アーユルヴェーダで使われる成分配合の国産青汁

協和薬品の国産桑の葉青汁は、1,000種類もの品種から厳選して育てた桑の葉を使い、独自の加工をして作った青汁です。

オリゴ糖や乳酸菌といった、腸の動きを助ける成分が配合されています。

特徴的なのが、アーユルヴェーダという生命科学でも古くから用いられた「コタラヒムブツ」という成分です。

すっきりとした飲み口なので、毎日飲めますね。

商品名 協和薬品 国産桑の葉青汁
定価 2,350円(税込/送料無料)
内容量 90g(3g×30包)
有効成分 桑の葉、大麦若葉、抹茶末
配合成分 難消化性デキストリン・乳酸菌・オリゴ糖・コタラヒムブツ
特典 送料無料

【ランキング11位】山本漢方製薬・桑の葉 粉末100%

安く桑の葉青汁を試したい人に

山本漢方製薬の桑の葉 粉末100%は、桑の葉の成分をぎゅっと詰め込んだおいしい青汁です。

アットコスメでのランキングポイントと口コミ数も2位なので、安心感がありますね。(2021年2月時点)

計量タイプなので、少し計る手間がありますが1日当たりのお値段は約26円~52円ととてもお手頃です。

商品名 山本漢方製薬・桑の葉 粉末100%
定価 1,650円(税込/送料無料)
内容量 100g
有効成分 桑の葉、たんぱく質、食物繊維、カルシウム、亜鉛
配合成分 桑の葉
特典 送料無料

【ランキング12位】ファイテン桑葉青汁 発芽玄米プラス

桑の葉のこだわりに注目の青汁

ファイテン桑葉青汁 発芽玄米プラスは、厳しい基準をクリアしたQマークを受けた農家で育った桑の葉を使用している青汁です。

桑の葉の中でも特に栄養価が高く、味の美味しい葉だけを厳選して採取するというこだわりようです!

子どもの成長期に欠かせない必須アミノ酸や、栄養がたっぷり入ったごくごく飲める味わいですよ。

商品名 ファイテン桑葉青汁 発芽玄米プラス
定価 4,104円(税込/送料無料)
内容量 1袋(230g)
有効成分 アミノ酸、鉄、β-カロテン、ビタミン、食物繊維、ミネラル、カルシウム、葉酸
配合成分 桑葉粉末、玄米粉末、発芽玄米粉末、タマネギ外皮エキス末

1番おすすめの桑の葉青汁は?

青汁選びで迷ったら、ランキング1位の「ドクターベジフル青汁」がおすすめです。

ドクターベジタル青汁は、基本の青汁3種(桑の葉、ケール、大麦若葉)をはじめ合計21種類の九州産野菜を配合した青汁です。

完全無添加で、余計なものが一切入っていない青汁は珍しいので、野菜不足を感じている人には特におすすめです。

国産野菜の使用だけでなく、じっくり手間をかけ、低温乾燥して加工されて作られているので、メーカーのこだわりを感じます。

苦みも少なく、後味もすっきりしていて飲みやすいのもポイントですね。

原材料を残留農薬検査(174項目)や放射能汚染検査で徹底的にチェックしているため、安心して飲むことができますよ。

定期購入ならずっと送料無料、初回は約23%オフなので経済的にも継続できそうです。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁の形状|冷凍・粉末・飲料タイプの違い

桑の葉青汁には、色々なタイプが売られています。

1:冷凍タイプ

作りたての桑の葉青汁を急速冷凍したのが、冷凍タイプです。

1回に飲む量およそ90g程度を1袋として、個包装されているので袋のまま水やぬるま湯につけて、解凍させます。

桑の葉青汁そのものの、素朴な味わいが楽しめます。

ただし、苦味が苦手な人やはじめての青汁には不向きかもしれませんね。

2:粉末タイプ(顆粒タイプ)

粉末のスティックタイプは、青汁をパウダーや細粒状にしたタイプです。

個包装で持ち運びにとても便利、コスパもよく、水に溶けやすいのでアレンジがしやすいので人気のタイプです。

継続して青汁を摂っていくなら、手間とコストがかからないのは魅力ですね。

ただし、パウダーなのでそのまま単品では飲めないのが欠点です。

3:飲料タイプ

飲料タイプは、飲料としてそのまま飲むタイプなので甘みがあり、飲みやすくされていることが多いです。

容器を振ればすぐに飲めるのは、手間がかからないのがいいですね。

しかし、他のタイプと比べると1杯あたりの値段が高くなります。

経済的な負担も考えてみて、継続して購入できるか考えましょう。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁のタイプ別の特徴

つづいて、桑の葉青汁のタイプ別の魅力をご紹介します。

粉末タイプは、持ち歩きにも便利で手軽さが魅力

粉末タイプの青汁は、かばんにサッと入れて持ち歩けるので便利で手軽です。

薬局などでも手軽に購入できるのも便利ですね。

シェイカーやペットボトルがあれば、簡単に青汁作りができます。

学校や会社に持ち運ぶ場合は、水筒やペットボトルに入れてもすぐに飲めますよ。

ゼリータイプは、凍らせたりおやつ感覚で食べられる

ゼリータイプの青汁なら、冷蔵庫で冷やすしたり凍らせるのも食べやすくなっておすすめ。

セリータイプは甘味があるので、子供でもおやつ代わりにチュルっと飲めますよ。

袋のままで食べらるので、外出先で食べるのにも向いています。

サプリメントは、青汁の味が苦手な方に最適

サプリメントは粒状の錠剤タイプの青汁なので、青汁の味を感じずに栄養補給できます。

他のタイプに比べてニオイも抑えらているので、青汁の味が苦手な人にはサプリメントがいいかもしれません。

パック/ジュースは甘味のある商品が多いので飲みやすい

ドリンクタイプのパックジュースは、そのままでも飲みやすいように甘味をつけている商品が多いので飲みやすいです。

そのまま飲めるのも便利ですね。

ただし、1日当たりの価格にすると他のタイプより高いので継続できるか検討が必要です。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁は人気メーカーも販売|ファンケル・サントリー・アサヒ・ユーワ・山本漢方・シドニーなど

青汁はファンケルの青汁を中心に、有名なメーカーでも桑の葉青汁の商品を販売しています。

美容成分に期待しているならファンケル、健康が気になるならキューサイや山本漢方、味重視ならサントリーやアサヒがおすすめ。

他にも、ヤクルトや伊藤園、明治、やわた、千疋屋、大正製薬、森永といったさまざまな分野の有名メーカーが、桑の葉の入った青汁商品を出しています。

桑の葉青汁の効果に、企業が注目していることが分かりますね。

好きなメーカーで青汁を選ぶのもアリだと思います。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁の主な配合成分・効果

ここからは、桑の葉青汁をはじめ、青汁の主な配合成分と効果について解説します。

桑の葉|現代人に不足しがちな亜鉛、カルシウムなどのミネラルに富み、食物繊維が多い

紫蘇のようなギザギザした形が特徴の桑の葉。

桑の葉には、ビタミンやミネラルの他亜鉛やカルシウムなどのミネラルもとても豊富に含まれています。

特に、桑の葉にしか含まれていないDNJ(デキオシノジリマイシン)は血糖値を下げたり、血圧を下げる効果が期待できる成分。

DNJ(デキオシノジリマイシン)は、食後の糖の吸収をゆるやかにする効果も期待できるので、ダイエットやアンチエイチングを考える人は積極的に摂りたいですね。

また、ケールの約4倍も含まれていると言われる食物繊維も桑の葉には含まれていますよ。

大麦若葉|野菜不足に最適!栄養価の高い「大麦若葉」

大麦若葉とは、大麦の穂がなる前の葉が20~30cmになった頃の若葉のこと。

大麦になる前の、大麦若葉にはたくさんの栄養素が含まれているんですよ。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのビタミン群が、美肌や老化防止に作用します。

カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などミネラルもとても豊富に含まれている野菜です。

また、クロロフィルという葉緑素が内臓脂肪で働き、コレステロールの抑制効果もあります。

ケール|カルシウムやビタミン、食物繊維が豊富で体を内側から綺麗にする

ケールは、カルシウム・ビタミン・食物繊維がたくさん含まれている野菜です。

他にも、ルテインは目の健康維持に作用します。

また、ケールに含まれるメラトニンという成分は自然な眠りを誘い、寝つきをよくする働きをしてくれます。

ケールの睡眠補助効果で、寝不足や体内時計の乱れを整えて質の良い睡眠が取れるようにしたいですね。

乳酸菌|お腹の調子が整う

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を成長しにくい環境を作る役目があり、毎日摂ることでお腹の調子を整えてくれます。

腸の働きを助けてくれるので、便秘改善に効果的ですね。

よもぎ|腸内環境を良くする日本古来の青汁原料

よもぎには、不溶性の食物繊維が多く含まれているので腸内環境を整えてくれます。

他にも、クロロフィルやカロテンなどの栄養素もたくさん含んでいるので、青汁の材料として使われることも多いです。

さらに、血行を促進し身体を温める効果もあるので、冷え性の人にもおすすめですよ。

明日葉|20種類以上のビタミンやミネラルが含まれた栄養満点の食材

明日葉には、20種類以上のビタミンやミネラル・カリウム・ナトリウム・食物繊維が含まれていて栄養満点です。

ビタミンの中でもビタミンB12は、植物の中では明日葉しか持っていないと言われています。

抗菌作用のあるバイオフラボノイドやクマリン、また血栓を防ぐカルコンも含まれています。

βカロテン

Bカロテンは、青汁の成分にも多く含まれている栄養素です。

体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を強くしたり、がんの予防、免疫力の強化や視力の維持にも効果がありますよ。

上記で紹介した青汁の成分ですが、このBカロテンが豊富に含まれている野菜ばかりです。

ビタミンB群・その他ビタミン

ビタミンは青汁には欠かせない栄養成分ですが、特にビタミンB軍は、疲労回復や健康の維持に必要です。

ビタミンB群やその他のビタミンが、どれだけ入っているかも青汁を購入する際のポイントにしてみてくださいね。

食物繊維

食物繊維は、腸内の善玉菌のエサを増やし悪玉菌のエサを減らすことによって、腸内環境を整えてくれます。

腸内環境が整うことは、健康や美容の維持にとても大切です。

食物繊維は、色の濃い野菜に含まれていることが多く、上記の中では桑の葉・大麦若葉・ケール・明日葉・よもぎに豊富に含まれていますよ。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁の効果的な飲み方・飲むタイミング

次に、桑の葉青汁の効果的な飲み方や飲むタイミングをご紹介します。

青汁を飲むのにおすすめのタイミングは?

青汁をいつ飲むのがより効果的かというと、朝イチ・食前・夜の寝る前です。

基本的にはいつ飲んでもOKです。

ですが、食前や食間の空腹時に飲むことで、特に桑の葉の成分の体内への吸収率はアップします。

毎日飲むタイミングを決めて習慣付けるのがいいですね。

毎日習慣的に飲むことが大切

桑の葉青汁で効果を出すためには、毎日継続して飲むことが大切です。

一日の目安は商品によりますが、1~2杯程です。

胃に負担がかからないよう、決められた量を数回に分けて摂りましょう。

量を守らないと、食物繊維の摂り過ぎで下痢になることもあります。

手軽に摂れる青汁なので、適量を習慣的に飲んで効果を出したいですね。

飲みやすいように工夫する

「どうしても青汁は味が苦手…」と思っている人は、飲みやすいように工夫してみましょう。

甘さが苦手な人は水やお湯で割るのがおすすめ

甘みが苦手な人には、水やお湯で割るのがおすすめ。

シンプルに、桑の葉青汁の素朴な味わいを感じることができますよ。

商品によって、桑の葉青汁のニオイや味は違ってくるので、商品情報や口コミ等を確認しながら自分好みの味をみつけてくださいね。

ただし、青汁に含まれるビタミンは熱に弱いので、必ず非加熱で摂りましょう。

ホットドリンクにして飲む場合は、ぬるま湯程度の温かさで飲んでくださいね。

牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜて飲むと効果的

牛乳や豆乳、ヨーグルトにはタンパク質やカルシウムそしてビタミンBや鉄分に脂肪といった、身体に必要な栄養素がたくさん含まれています。

食物繊維が豊富な、桑の葉青汁と飲み合わせることによる相互作用によって、カルシウムの吸収率が上がるので効果的ですよ。

緑茶や麦茶、野菜ジュースなどに混ぜても効果的

緑茶や麦茶、野菜ジュースなどの普段から飲み慣れている飲み物に混ぜてもOKです。

麦茶のさっぱりした味わいなら飲みやすく、緑茶ならカテキンの効果も期待できますね。

野菜ジュースも栄養満点で、青汁との飲み合わせもいいですよ。

誰でも飲みやすい「フルーツ味」

桑の葉青汁と果物は飲み合わせの相性がとても良いので、フルーツ味の桑の葉青汁はおいしく飲めます。

甘いバナナ味や、ビタミンC配合のレモン味なら、すっきりと誰でも飲みやすいのでおすすめです。

エネルギー補給にもなる「はちみつ入り」

「はちみつ入りの桑の葉青汁」は、甘くて、まろやかな飲み心地になります。

さらにミネラルやビタミンといった栄養素が豊富に含まれており、同時にエネルギーも補給できます。

はちみつは糖ですが、血糖値を調節する働きもあるので、実はダイエットにも向いている食材です。

苦いのがどうしても苦手な方は「子ども用の青汁」を選ぶのも手!

子ども用に作られた青汁なら、苦いのが苦手な人でも飲みやすいです。

幼児でもごくごく飲めるように苦味をかなり抑えているので、ほとんど苦味は感じないと思います。

子供用に作られた青汁は、人工甘味料・保存料・着色料が入っていない無添加のものが多く安心して飲めますね。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁のアレンジ方法

次に、桑の葉青汁のアレンジ方法を見てみましょう。

いつも同じ飲み方も構いませんが、アレンジの仕方を知っておくと青汁を楽しんで飲むことができますよ。

簡単にできるアレンジを中心にご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

豆乳や牛乳で割る、ヨーグルトに混ぜても◎

普段飲む牛乳や豆乳に割ったり、そのままヨーグルトに混ぜて食べるのは手軽でおすすめです。

マイルドな口当たりの豆乳や牛乳は、青汁の味を和ませてくれるので美味しく食べられますよ。

さらに、はちみつやオリゴ糖を混ぜれば甘味が増しておやつにもなりますね。

豆乳や牛乳、ヨーグルトと混ぜて食べることで、良質なタンパク質も一緒に摂れるのでおすすめです。

飲みやすさUP!オレンジやいちごなどでスムージー

柑橘系のオレンジやビタミンたっぷりのいちごなどの果物と青汁をミキサーに入れて、スムージーにしても美味しく飲めます。

使うフルーツを冷凍にしたり氷を追加したりすれば、冷たくて飲みやすいスムージーになりますよ。

スムージーは満腹感が得られる上に、栄養価が高いので置き換えダイエットにもおすすめです。

混ぜるだけ!手軽にアレンジできる「ジュースアレンジ」

リンゴジュースなど好きなジュースに、青汁を混ぜるだけでも手軽においしく飲めます。

果物の味で、青汁の苦味を薄めることも期待でき、さらに好きなジュースなら毎日美味しく飲めそうですね。

ジュースの味を変えれば、飽きることなく飲めます。

まろやかでイソフラボンも採れる「きな粉アレンジ」

きな粉と青汁の組み合わせも、味がまろやかになって美味しくなるのでおすすめです。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのバランスの乱れを助けてくれる女性の強い味方!

きな粉との組み合わせなら、イソフラボンが一緒に摂れるので一石二鳥ですね。

苦みを抑え腹持ちも良く!「ヨーグルトアレンジ」

ヨーグルトはトロっとした口当たりで食べやすく、また酸味と甘味のバランスがいいので青汁アレンジがしやすいです。

さらに腹持ちもいいので、おやつにもなりますね。

プラスしてジャムやはちみつを加えても、おいしいですよ。

もくじに戻る▲

桑の葉青汁のよくある質問(Q&A)|意外と知らない疑問を解説

桑の葉青汁に関してよくある疑問や質問をまとめました。

自分や家族の健康維持のためにと購入しても、間違った飲み方をしてしまうと期待した効果が出ないことにも繋がります。

桑の葉青汁を飲み始める前に、疑問点はしっかりとチェックしておきましょう。

Q1.青汁は何歳から飲めるの?

青汁は、1歳前後の赤ちゃんから飲めます。

ただし子供に飲ませる場合は、アレルギーを確認してから、量を調節してお試しください。

粉が器官に入らないように、ミルクや離乳食に混ぜてもいいですね。

商品によっては、推奨年齢の記載があるのでそちらもチェックしてください。

Q2.妊娠中に青汁は飲んでも平気?

妊婦や授乳中でも桑の葉青汁を飲んでも大丈夫です。

桑の葉青汁は、栄養補助食品なので副作用のリスクは低いです。

ただし、妊娠中や授乳中は普段の身体と違うので、体調の変化が起こりやすい期間です。

特に食物アレルギーのある人は、原材料をしっかり確認するようにしてくださいね。

心配な場合には、医者や薬剤師に相談してから飲むのをおすすめします。

Q3.青汁にダイエット効果はあるの?

青汁だけを飲んで痩せるということは、ありません。

しかし、青汁に含まれるさまざまな栄養素によって、お通じがよくなりダイエットや減量に繋がることもあります。

青汁入りスムージーを朝食と置き換えてみたり、食事量を減らして青汁を摂るなど、総カロリー量を調整した青汁アレンジの仕方はダイエットにおすすめです。

また、ダイエット中や美容効果に期待するなら、砂糖不使用の青汁を選ぶようにしましょう。

Q4.青汁は肌荒れを治す効果が期待できる?

青汁は、飲むだけで肌荒れを治す効能はありません。

でも青汁を習慣にすると、便秘が改善されて快便効果が期待できるので、肌荒れが改善されることがあります。

肌の調子を整えたい人には、美容成分の入った青汁もおすすめです。

Q5.青汁は中性脂肪を下げる効果が期待できる?

青汁は薬ではないので、飲むだけで中性脂肪を減らすことは難しいです。

ただし、トクホ商品の青汁には、中性脂肪と密接な関係にある悪玉コレステロールを下げる商品もありますよ。

青汁は補助食品として摂りながら、ほどよい運動も継続することが中性脂肪を減らすには必要です。

Q6.青汁を飲めば野菜は食べなくてもいいの?

青汁を飲んでいるからといって、野菜を食べなくていいわけではありません。

栄養素がたっぷりの青汁ですが、青汁はあくまで栄養補助として考えてくださいね。

健康維持のために青汁を摂るのはいいですが、きちんと規則正しい生活とバランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

Q7.青汁によく使われている大麦若葉とケール、明日葉の違いは何?

青汁によく含まれる大麦若葉・ケール・明日葉ですが、それぞれ違いがあります。

大麦若葉は、大麦の穂がなる前の若葉のことで、抹茶のような味がするので青汁の中では飲みやすいのが特徴です。

ケールは、野菜の王様と呼ばれるほど栄養素が豊富な野菜で、独特の苦味のある味わいが特徴です。

明日葉は、抗菌作用のあるカルコンいう特有の成分が含まれている生命力の強い野菜で、飲みやすさは大麦若葉とケールの中間くらいです。

もくじに戻る▲

まとめ

青汁を試してみて一番感じたのは、すごく気軽に飲めて、健康にも美容にも多くの効果を実感できる!ということ。

野菜が多く含まれるので、不足した栄養を補えます。

さらに、お通じの改善作用があるので、便秘解消やデトックス、ダイエット効果も期待できます。

「味が美味しくない」というのは過去の話で、今ではジュースのように美味しい青汁がどんどん出てきています。

ランキング1位の「サントリー極の青汁」
今なら、公式サイトで10%割引キャンペーン中!

公式サイトなら、Amazonや楽天市場よりもずっと安く購入できます。

野菜だけでなく、美容成分も含まれているので、「ダイエット中も肌の調子がよかった!」と大好評!

気になっている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

青汁の力を借りて健康・美容・ダイエットを成功させましょう!

もくじに戻る▲

タイトルとURLをコピーしました